小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

後席の広さで選ぶミッドサイズ以下の国内メーカーSUVランキングTOP10

2024.05.23

国内メーカーのミッドサイズ以下のSUVランキングTOP10

先日、後席の広さで選ぶ国内メーカーのコンパクトカーランキングTOP10をお伝えしたが、今回は国内メーカーのコンパクト、ミッドサイズのSUVの後席の広さについて報告したい。というのも、ホンダから登場したばかりのWR-Vの後席の圧巻の広さ(ラゲッジルームも!!)が今、話題になっているからだ。

まず、ひとつの基準としてホンダWR-Vの後席の広さを、身長172cmの筆者のドライビングポジションを基準に紹介すると、頭上に160mm、膝周りに240mmものスペースがある。実際、これぐらいあると、大人でもかなりゆったり座ることができ、なおかつフロアからシート座面前端までに高さ=ヒール段差が370mmと十分にあり、筆者の体形だと太腿裏がシート座面に密着し、椅子に腰かけているような自然な着座姿勢が取れ(太腿裏が浮くようだと体育座り的になり、お尻だけで体重を支えることになる)、結果、着座しやすく、立ち上がるのも楽になるというわけだ。このクラス、209.88万円からの車両本体価格にして後席のシートそのものがたっぷりとしたサイズで(とくに座面長は500mmと中大型車の前席に匹敵)、後席エアコン吹き出し口の装備もあり、かなり快適かつゆったりと着座することができるのである。

さて、国内メーカーのミッドサイズ以下のSUVの後席の広さのランキングに移ろう。

1位 スズキ・クロスビー

なんと全長3760全幅1670×全高1705mm、ホイールベース2435mmの5ナンバーサイズのナローな車幅のクロスオーバーモデルにして、最大級の後席の広さを誇るのが、先日、タレントの鈴木奈々さんが購入して話題になったスズキ・クロスビーだ。何しろ頭上に190mm、膝周りに最大320mm(165mmスライドする後席最後端位置)の下剋上的なゆとり、広さを誇る。フロアもフラットで3名乗車でも中央の乗員の足元は広々していて、足の置き場に困らない。撥水シート生地だけにペットを乗せても安心だ。ただし、後席を最後端位置にしてしまうと、ラゲッジスペースの奥行が最大値の約525mmから約360mmまで減少してしてしまうのは、コンパクトなボディサイズだから致し方ないところ。

2位 日産アリア

コンパクトクロスオーバーSUVのクロスビーに続く後席の広さを誇るのが、BEV(電気自動車)の日産アリア。ボンネット下にエンジンを積まず、エアコンユニットをかなり前に配置できたことで、室内空間はクラスを超えた広さが確保され、後席は頭上に120mmはともかく、膝周りスペースは300mmと広々。リクライニングも1段可能で、好みの着座姿勢をとることができる。フロアも完全フラットで、足の置き場にもまったく困らない。シートヒーターとともに後席エアコン吹き出し口も完備するから快適だ。ただし、ヒール段差は330mmとやや低め。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。