小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

梅雨入りは平年より遅くなる見込み、総雨量は平年並みか多い予想

2024.05.20

ウェザーニューズから202年5月15日に2024年の「梅雨入り・梅雨明け見解」が発表された。それによれば、まもなく沖縄・奄美で梅雨入りし、平年より一週前後遅い梅雨入りと予想。九州から東北南部にかけては平年より遅く、東北北部は平年並の梅雨入りとなる予想となっている。

本稿では同社リリースを元に、その概要をお伝えする。

全国的に梅雨入りは平年より遅く、梅雨明けは平年並の予想

図1 梅雨期間の傾向

今年は沖縄、奄美で平年より遅く梅雨入りするのをスタートに、九州から東北にかけても平年より遅い梅雨入りになる見込みだ。

梅雨期間は沖縄、奄美から東北にかけて、4日以上短くなる見込み(図1)。

日本の天候に関係する熱帯の対流活動に注目すると、6月はインド洋の海面水温が平年より高くなる影響で、フィリピン近海で対流活動が不活発になるため、太平洋高気圧の北への張り出しは平年より弱くなるとみられる。このため、九州から東北で梅雨入りが遅くなる見込みだ。 

7月になると、フィリピン近海の対流活動が次第に活発化。その結果、張り出しが平年並になるため、梅雨明けも全般に平年並になる予想となっている。

■九州から東北南部の梅雨入りは平年より遅くなる予想

梅雨入りの時期について、昨年は5月末から6月はじめにかけてフィリピンの東から沖縄・奄美に北上した台風2号の影響で、太平洋高気圧の勢力が強まったため、前線の北上が早まった。

このため、九州北部から東海は平年より早い梅雨入りとなり、その後、関東甲信から東北は平年並の梅雨入りの地域が多くなった。

今年は、5月中旬から梅雨前線が沖縄付近に停滞するようになり、沖縄、奄美で平年より遅い梅雨入りとなる見込みだ。今後、太平洋高気圧は平年より西への張り出しは強いものの、北への張り出しは弱いため、梅雨前線の北上が平年より遅くなるとみられる。九州から東北南部の梅雨入りは平年より遅くなる予想だ。

梅雨明けの時期について、昨年は7月中旬から下旬に太平洋高気圧の張り出しが強まったため、中国、四国から東北で平年並か平年より早い梅雨明けとなった。

一方、九州は前線や湿った空気の影響が長引き、梅雨明けが平年よりも遅くなった。

今年は、太平洋高気圧の北への張り出しが次第に平年並になる見込みのため、梅雨明けも全般に平年並になる予想だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。