小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ファーウェイがANC機能が100%、ドライブ駆動力が50%アップしたTWSイヤホン「FreeBuds 6i」を発売

2024.05.22

華為技術日本(以下ファーウェイ・ジャパン)は、前モデルよりもアクティブノイズキャンセリング性能が100%(※1)向上したほか、駆動力も50%向上させた完全ワイヤレスイヤホン『HUAWEI FreeBuds 6i』を、2024年6月18日より発売を開始する。
※1 前モデル『HUAWEI FreeBuds 5i』と比較して、平均ノイズ低減深度(dB)の差異から比較した、アクティブノイズキャンセリング性能の効果が約100%向上。ファーウェイラボのテスト結果による。

市場想定価格は1万4800円(税込)。

その主な特徴は以下のとおり。

 

前モデル比100%(※1)向上した強力なノイズキャンセリング

『HUAWEI FreeBuds 6i』は、前モデルより100%ノイズキャンセリング性能を向上させており、そのフルレンジノイズキャンセリングは平均27dBに達する。

機能的にはイヤホン片側につき、トリプルマイクを搭載。2つのフィードフォワードマイクでは周囲のノイズを、フィードバックマイクでは外耳道内のノイズをしっかりと認識。

アップグレードされたノイズキャンセリングアルゴリズムは演算能力が240%向上しており、さまざまなノイズ情報を同時に処理していく。

さらにノイズフィルター構造と新しい防音イヤチップによるパッシブノイズキャンセリング性能の向上により、人の声に対するノイズキャンセリングがより強化されたという。

■ドライバーの駆動力が50%(※5)向上した大迫力&高音質なハイレゾサウンド

11mmのクアッドマグネットダイナミックドライバーを搭載することで、駆動力が前モデルに比べ50%アップした大迫力のサウンドを実現。フラッグシップクラスの14Hzから40kHzの周波数帯域に対応する。

『HUAWEI FreeBuds 6i』はLDACのBluetooth コーデックにも対応しており、ハイレゾの認証を取得。さらに、スマホの専用アプリ「HUAWEI AI Life」に10バンドのカスタムEQ調整機能が追加され、ユーザーの好みに合わせて設定が可能になった。
※5 前モデル『HUAWEI FreeBuds 5i』と比較して、出力音圧レベル/能率/感度(dB/mW)の差異から比較しての効果が向上。ファーウェイラボのテスト結果による。

■独自のトリプル・リアルタイム・リスニング最適化アルゴリズムを搭載

これまでフラッグシップモデルにのみ適用していた3つのリアルタイムイヤーマッチング(REM)テクノロジーを、本モデルでも採用。ユーザーの「装着状態」と「外耳道の構造特徴」をリアルタイムで検出して最適化していく。

また、音量を調節しても音程が一定に聴こえるように自動で最適化。さらに「装着状態」と「外耳道の構造特徴」検出と最適化アルゴリズムは、ノイズキャンセリング時にも活かされている。

■長時間使用でも安心のロングバッテリー

『HUAWEI FreeBuds 6i』は、充電ケースと組み合わせると最大35 時間の連続音楽再生のロングバッテリーで、イヤホン単体でもノイズキャンセリングオフの状態で約8時間の音楽再生が可能なため、頻繁な充電が不要。

また、わずか10分の急速充電で約4時間の音楽再生が可能だ。

さらにオンライン会議の際に便利なマルチポイント機能に対応しており、最大2台のデバイスとの同時接続が行なえる。

■さらにアップグレードした通話ノイズリダクション

イヤホン片側につき3つ搭載されたマイクによって構築される、マルチチャンネルディープニューラルネットワーク(DNN)通話ノイズリダクションアルゴリズムにより、人の声とノイズをさらに効率良く識別。ノイズを除去するため、ユーザーの声を相手にクリアに届けてくれる。

また、フィードフォワードマイクの通気口設計とL字構造により、風切り音を効果的に抑制する。

■HUAWEI AI Lifeアプリで簡単・便利にカスタマイズ

イヤホンは、タッチコントロールに対応しており、スライド/ダブルタップ/長押しなどで操作できる。イヤホン単体での音量調節にも対応している。

併せてスマホの「HUAWEI AI Life」アプリを使えば、タッチ操作を簡単にカスタマイズ可能。よく使う操作に設定しておけば、利便性が向上する。

また、イヤホンを探す機能を使用し、遠隔からイヤホン本体を鳴らすことができるので、ケースから出したイヤホンを見失ってしまった際に便利だ。

その他にもアプリからノイズキャンセリングモードやEQなども簡単に設定が可能。HUAWEI AI LifeアプリはiOS、Androidどちらにも対応している。

『HUAWEI FreeBuds 6i』の主な仕様

関連情報
https://consumer.huawei.com/jp/audio/freebuds6i/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。