小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

10~20代でYouTubeに動画を投稿している人の割合は?

2024.05.17

スマホやPC一つあれば、いつでもどこでも多彩な動画コンテンツを楽しめるYouTube。何気なく見始めたら、興味深い関連動画が次々と表示されて止まらなくなり、気付けば数時間が経過していた…という経験、あなたにもあるのではないだろうか。

そんな、私たちの生活に身近なYouTubeをはじめとした無料動画サービスだが、実際のところ、どれくらいの人が利用しているのだろうか?また、YouTubeを投稿している人の割合とは。

NTTドコモの企業内研究所であるモバイル社会研究所はこのほど、全国の15~79歳男女6440名を対象に「動画とYouTube利用」に関する調査を実施し、その結果を発表した。

1. YouTube認知率96.8%、若年層は約8割が利用

無料動画サービスの認知率はYouTubeが96.8%と広く知れ渡っていることが明らかになった。ニコニコ動画、TVerは約8割、ABEMAは約7割の認知率があった。

利用率(月1回以上利用)についてはYouTubeが昨年の調査からほぼ横ばいの68%と、他の無料動画サービスよりも高かった。次いでTVerが昨年よりも約5ポイント増の25.1%、ABEMAが昨年よりも微減の10.6%となった(図1)。

図1. 無料動画サービス認知率・利用率調査
[調査対象:全国・15~79歳男女・スマホ・ケータイ所有者対象・複数回答・n=6305]

またYouTubeの年代別の利用率を調査した。10~30代で約8割、40~50代で約7割、60代で約6割、70代で約5割がYouTubeを利用していた。全体では68%だが、若年層ほど多くYouTubeを利用していることが明らかになった(図2)。

図2. 年代別YouTube利用率調査
[調査対象:全国・15~79歳男女・スマホ・ケータイ所有者対象・複数回答・n=6305]

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。