小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

4月以降の株価低調の中で売り越しに転じたのは?今後の日本株で注目すべき動向

2024.05.16

ゴールデンウイーク前の急激な円高を受け、政府・日銀は4月29日と5月2日に市場介入を行なったと言われている。この円高により、日本株が売られる懸念が拡大したが、ゴールデンウイーク明けには1ドル=155円台の円安基調となり、日本株には良い雰囲気となってきた。

そんな中、三井住友DSアセットマネジメント チーフマーケットストラテジスト・市川 雅浩氏から日本株の動向に関するリポートが到着したので、その概要をお伝えする。

株価上昇の1-3月期、主な買い手は自己や海外投資家、主な売り手は信託銀行や投資信託

日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)は、2024年1〜3月期にそれぞれ20.6%、17.0%と、大きく上昇した。その背景には、企業業績の回復や、企業による資本効率改善への取り組みと開示の進展、さらに賃上げの継続など、日本株を取り巻く好材料が重なったことがあり、日経平均株価は3月22日に一時4万1087円75銭をつけ、取引時間中の過去最高値を更新した。

日本取引所グループが毎週公表している「投資部門別売買状況」をみると、この期間、主な投資部門のうち、自己(証券会社の自己勘定)が約4兆1131億円、海外投資家が約3兆143億円、事業法人が約6803億円、累計で現物を買い越している(図表1)。

これに対し、信託銀行は約4兆1952億円、投資信託は約1兆8877億円、個人は約8154億円、累計で現物を売り越している。

■同期間、自己の買い越し額は海外投資家を上回ったが、裁定買い取引では説明が困難な金額

事業法人の買い越しは主に自社株買いと推測され、信託銀行の売り越しは年金ポートフォリオのリバランスによるものと考えられる。

なお、興味深いのは、1〜3月期において自己の累計買い越し額が、海外投資家を上回っている点だ。一般に、証券会社が自己勘定で日本株のポジションを持つ場合は、顧客などの相対ポジションである場合が多く、証券会社単独で積極的にリスクを取るケースはほとんどないように思われる。
 
例えば、先物に買いが膨らみ一時的に割高となった場合、証券会社が先物を売って現物を買う「裁定買い取引」を実施すれば、自己に現物買いが計上される。

そのため、1〜3月期において、主な投資部門(自己を除く)に4兆円程度の先物買いと、自己に同程度の先物売りがあれば、自己の現物買いは主に裁定買い取引によるものと推測できるが、図表1の先物売買状況をみる限り、そう考えるのは難しい状況だ。

■4月以降、株価低調のなか自己は売り越しに転じており、今年の日本株は自己の動向に要注目

詳細の情報が公表されていないため、1〜3月期における自己の累計買い越し額の中身は正確にはわからないが、2月29日付けの、日経電子版では、「トータル・リターン・スワップ」の可能性を指摘している。

これは、金融派生商品(デリバティブ)の1つで、投資家は証券会社などに手数料を払って株式を保有してもらい(自己に現物買いが計上)、投資家はその損益のみを受け取る仕組みだが、この取引が増加したことも十分想定できる。

新年度入り後、5月10日まで、日経平均株価とTOPIXは、それぞれ5.3%、1.5%下落するなど、さえない動きが続いているが、主な投資部門の売買状況をみると、現物は海外投資家と事業法人の買い越しが続き、個人も買い越しに転じる一方、自己が大きく売り越しに転じている(図表2)。

以上より、今年の日本株は、自己の売買から受ける影響が大きくなっているように思われ、詳細が把握しにくい分、今後の動向は注目すべきと考える。

関連情報
http://www.smd-am.co.jp

構成/清水眞希

10年で株価が200倍超、次のNVIDIAを探せ!5月16日発売のDIME最新号は「新NISAで狙うべき急成長企業」「音声メディア最新トレンド」の大特集

今月のDIMEは「次のNVIDIAを探せ!」をキーワードに次世代の急成長企業について徹底取材! 各業界を知り尽くした業界紙編集長、専門ジャーナリスト、シンクタンク研究員などへの取材を元に国内外の知られざる優良企業や今後成長が期待できる注目企業をピックアップしました。

目先の株価に振り回されるのではなく、長い目でみた今後の成長分野・企業を読み解き、2030年に向けた投資トレンドを総括した超保存版です!ぜひ書店で手に取ってご覧ください。

【Amazonで買う】
【楽天ブックスで買う】
【セブンネットショッピングで買う】

■DIME SPECIAL 1
10年で株価200倍超!次のNVIDIAは日本から生まれる!?
新NISAで狙うべき急成長企業55

急成長間違いなしの〝国策企業〟からAI時代の新市場まで、業界紙編集長、専門ジャーナリスト、シンクタンク研究員など各界の英知がGAFAM、Tesla、NVIDIAらを超える未来のモンスター企業を大予測!

伝説の編集長が直伝!「四季報」で有望企業を見極める8つのサイン

宇宙/医療/ディープテック/農業急成長間違いなしの〝国策企業〟を狙え!

コレクタブル経済圏/チル系ドリンク/ローコストエンタメ
エンジェル投資家が注目する穴場業界

人口、資源、成長産業、もうひとつは?これから伸びる新興国の条件

投資系YouTuberに聞く、爆上がり株を持ち続けられない理由   ほか

■DIME SPECIAL 2
仕事のできる人ほど活用している!
ラジオ/ポッドキャスト/オーディオブックの〝耳より〟な話

「オードリーのオールナイトニッポン」はなぜ東京ドームに約16万人も動員できたのか?知られざるラジオの力を徹底分析!

プレミアム会員が100万人突破!
radiko社長に聞く、radikoが目指す最終形態

太田光が激推しするローカル局の毒舌ラジオパーソナリティー5傑

脳を活性化させるオーディオブック活用術   ほか

【新連載が続々スタート!】

・玉川 徹の働き盛り世代に贈る、定年後も楽しく働く準備
・山崎玲奈の好奇心のトビラ
・株式投資家テスタの投資“じゃない”話
・キニマンス塚本ニキ NIKKIのKINIなる世界
・竹田ダニエル Z世代の〈はたらく〉再定義

注目の経営者、話題の人物のインタビューも!

【Top Leaders Interview】

10年連続で過去最高の売上高更新を実現した社内変革
ユニバーサル ミュージック社長兼CEO 藤倉 尚

【マネしたくなる成功者の習慣】

<ウォンテッドリーCEO 仲暁子さん>
一日に全力投球するための〝AM問答〟のススメ

【今、気になるあの人の〝働く主義〟に迫る「ハタラキズム」】

今月は石原さとみさん!

 

■TREND WATCHING
・コスパ・タイパに続く〝スペパ〟アイテムに注目 !
・月額5万2500円~!別荘も所有からサブスクへ
・新たな客層を取り込む地方百貨店の「シン・戦略」

■OTHER CONTENTS
・ヒャダインの温故知新アナリティクス
・小山薫堂のscenes
・データウオッチング
・キーワードで読み解く社会学 Buzz Word
・DIME LOUNGE STORE
・BUSINESS BIBLE SELECTION
・CAR of the DIME

【Amazonで買う】
【楽天ブックスで買う】
【セブンネットショッピングで買う】

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。