小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アップルが13インチモデルを含むM2チップを搭載した新型「iPad Air」を発売

2024.05.10

Appleから驚異的なパワーのM2チップを搭載して再設計された11インチ、そして全く新しい13インチのiPad Airが発表された。

発売は2024年5月15日で価格は11インチが9万8800円(税込)から、13インチは12万8800円(税込)から。128GB、256GB、512GB、1TBモデルが用意され、本体カラーはブルー、パープル、スターライト、スペースグレイから選択できる。いずれも現在、予約を受付中だ。

その主な特徴は以下のとおり。

新しいiPad Airは2つのサイズをラインアップ

再設計された11インチのiPad Airは抜群に持ち運びやすく、外出先での仕事に最適だ。

そしてより大きなディスプレイを求めるユーザーのために、新しい13インチのiPad Airは、11インチモデルと比べ30%広い画面領域を提供。広々としたディスプレイによって、ユーザーはスペースをさらに広く使って、フリーボードのようなアプリでアイデアを書き留めたり、iPadOSのSplit Viewを使って複数のアプリを表示できる。

どちらのモデルにも、Liquid Retinaデザインの先進的なディスプレイを搭載。反射防止スクリーンコーティング、True Toneテクノロジー、高い輝度を備え、P3の広色域に対応しており、コンテンツは驚くほど豊かで鮮やかに表示され、どんな光の状況下でも文字は鮮明だ。

11インチモデルと比べて画面領域が30%広い13インチのiPad Airは、ユーザーお気に入りのアプリをすべて広げてタスクを実行できる。

■M2チップ搭載でパフォーマンスがさらに向上

M2チップは、より高速な8コアCPUと10コアGPUを搭載し、iPad Airのパフォーマンスをさらに大幅に向上させた。

M2チップは、M1よりも数多くの点で向上したパワフルなチップであり、前世代のiPad Airモデルからアップグレードするユーザーに、パフォーマンスの大きな飛躍をもたらす。

より高速なメモリ帯域幅の組み合わせにより、新しいiPad Airは、幅広い生産性タスクやクリエイティブなタスクにおいて、M1を搭載した前世代のiPad Airよりも50パーセント近く高速化された。

A14 Bionicを搭載したiPad Airと比べ、新しいiPad Airは最大3倍高速なパフォーマンスをもたらす。Affinity Designerでかつてない速さで魅力的なコンテンツを制作することから、「ゼンレスゾーンゼロ」のような、高い処理能力を必要としグラフィックスを駆使するゲームのプレイまで、ユーザーは行なうすべてにおいてM2のスピードを感じることができるはずだ。

驚くほど高速なM2チップは圧倒的なパフォーマンスと一日中使えるバッテリー駆動時間をiPad Airにもたらし、ユーザーは、「ゼンレスゾーンゼロ」のようなグラフィックスを駆使するゲームのプレイや、複雑なビートの制作、3D作品のデザインやレンダリングなどを行なうことができる

■Wi-Fi 6Eと5Gによる、より高速な接続性

外出先でより高速なワイヤレス接続を利用できるiPad Airで、ユーザーはこれまで以上に多くのことができるようになる。

新しいiPad Airは、前世代よりも最大2倍高いパフォーマンスを提供するWi-Fi 6Eに対応しているため、ユーザーはファイルをダウンロードしたり、オンラインでゲームをプレイしたり、映画をストリーミングすることができる。

そして5Gに対応したWi-Fi + Cellularモデルでは、ユーザーは外出先でも瞬時に自分のファイルにアクセスしたり、仲間と連絡を取り合ったり、自分のデータをバックアップできる。

新しいiPad AirのWi-Fi + Cellularモデルは、物理的なSIMカードよりもさらに安全なeSIMでアクティベートされ、ユーザーはデジタルで既存のプランにすばやく接続したり移行できるほか、1台のデバイスに複数のデータ通信プランを保存できる。

ユーザーは、世界中の190以上の国と地域で、現地の通信事業者から物理的なSIMカードを入手する必要なく、新しいiPad Airを簡単に無線データプランに接続が可能だ。

■横向きのフロントカメラ

iPad Airの横の縁に配置され、センターフレームに対応している12MPの超広角フロントカメラは、iPad AirをMagic Keyboardに取りつけた時に快適なビデオ通話体験を作りだす。

再設計されたiPad Airでは、12MPの超広角フロントカメラが横の縁に配置されている。

カメラは、機械学習(ML)を使って自動的に全員が視野に収まるようにするセンターフレームを提供。この新しいカメラの配置は最適で、FaceTimeで友人や家族とつながる場合でも、キーボードを取りつけてiPad Airを使ってビデオ会議に参加する場合でも、iPadのユーザーにとって最もよく使う向きになっている。

iPad Airの12MPの広角バックカメラは、240fpsのスローモーションに対応しており、高解像度の写真や高精細な4Kビデオを撮影できる。

また、新しいiPad Airは空間オーディオに対応した横向きのステレオスピーカーも装備。13インチモデルは、音楽やビデオを楽しむのに最適な2倍の低音を響かせ、一段と優れた音質を届けてくれる。

Apple Pencil Proなど多彩なアクセサリに対応

Apple Pencil Proは、Apple Pencilの体験を一段と向上させる、さらに多くの画期的な機能やパワフルな新しい操作を備えている。

例えば軸に内蔵された新しいセンサーはユーザーのスクイーズ(指で強く押した状態)を感知してツールパレットを表示できるので、創作活動を妨げることなく、ツール、線の太さ、色のすべてをすばやく切り替えられる。

独自の触覚エンジンは、ユーザーがスクイーズしたり、ダブルタップしたり、図形認識でスナップしたりすると、確認として軽いタップを返し、驚くほど直感的な体験をもたらす。

Apple Pencil Proは、スクイーズ、バレルロール、触覚フィードバックなどの先進的な機能を備え、注釈を加えるのも、メモを取るのも、Affinity Designer 2のようなアプリで傑作を生み出すのも、かつてないほど直感的に行なえる。

そしてジャイロスコープにより、ユーザーはApple Pencil Proを回転させて、使用しているツールを正確にコントロールできる。軸を回転させると、ペンと紙のように、形の異なるペンツールとブラシツールの向きを変えることも可能だ。

Apple Pencilのホバー機能を使うと、ユーザーはペン先がディスプレイに触れる前にツールの正確な向きを見ることができる。

Apple Pencil Proは、Apple Pencilで初めて「探す」に対応しており、ユーザーがApple Pencil Proを置き忘れてしまった場合に見つけられるようになる。

また、新しいマグネットのインターフェイスを通じて、iPad Airの側面でペアリング、充電、保管が可能だ。iPad Airは、メモを取ったり、スケッチをしたり、注釈を加えたり、日記をつけたりするのに最適なApple Pencil(USB-C)にも対応している。

さらにiPad Airは、フローティングデザイン、内蔵トラックパッド、バックライトキーボードを備えたMagic Keyboardに対応。価格は11インチiPad Air用は4万9800円(税込)、13インチiPad Air用は5万9800円(税込)だ。

iPad Air用の新しいSmart Folioは、マグネットで取りつけられ、柔軟性を高める複数の表示角度に対応する。カラーはチャコールグレイ、ライトバイオレット、デニム、セージが用意されており、iPad Airの仕上げを引き立てる。価格は11インチiPad Air用が1万3800円(税込)、13インチiPad Air用が1万7800円(税込)。

関連情報
https://www.apple.com/jp/newsroom/2024/05/apple-unveils-the-redesigned-11-inch-and-all-new-13-inch-ipad-air-with-m2/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。