小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

見た目はほぼデジカメ!あのライカを体験できるスマホ「Xiaomi 14 Ultra」の実力

2024.05.11

AIによる画像処理や1インチセンサーの搭載など、スマホカメラが多方面に進化している昨今。多くの機種が、〝誰でも簡単に、きれいな写真が撮れる〟ようになったこともあり、街中ではデジカメよりも、スマホで写真を撮っている人を頻繁に見かけます。

とはいえ、どっしり腰を据え、本格的に焦点距離や明るさを調節して写真を撮るのであれば、デジカメの優位性もまだまだあるでしょう。デジカメならではのグリップ感なども、スマホにはなかなか出せない魅力です。

そんな中、Xiaomi(シャオミ)が日本での販売を発表した「Xiaomi 14 Ultra」は、「Xiaomi 14 Ultra フォトグラフィーキット」(以下、「フォトグラフィーキット」)を装着することで、デジカメのような使い方ができる、かなり尖ったスマホです。そこで、カメラ機能を中心にXiaomi 14 Ultraの使い勝手をチェックしてみましょう。

ライカと共同開発したクアッドカメラとフォトグラフィーキットでこれまでのスマホカメラと一線を画す

Xiaomi 14 Ultraには、老舗カメラブランドであるライカ社のレンズが採用されています。日本でいえば、シャープのAQUOS Rシリーズや、ライカオリジナルスマホのLeitz Phoneシリーズに搭載されているので、「ライカがスマホもやっている」と、なんとなく耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

標準の広角レンズは1インチセンサーとなっており、焦点距離約23mm。加えて、超広角約12mm、望遠約75mm、望遠約120mm(いずれも約5000万画素)と、計4つのレンズを搭載しています。

画質調節もライカが監修しており、パキッとしたきれいな写真が簡単に撮影できるのが特徴。また、F1.63~F4まで、可変式にF値を調節できる、デジカメに近い機能も利用できます。

スペックだけを見ても、カメラ機能に特化したスマホであることがわかりますが、それをさらに際立たせるのが、フォトグラフィーキット。本体カバー、グリップ部分、デコレーションリングもしくは、フィルターアダプターを装着することで、見た目はほぼデジカメといえる仕上がりになります。

フォトグラフィーキットはシャッターボタンのほか、ズームレバーやダイヤル、ビデオボタンが搭載されています。ダイヤルは、初期設定では露出変更に機能が割り当てられていますが、絞りの調節といった別の機能を割り振ることもできます。

グリップの握り心地も良好で、片手で持っても違和感なくシャッターボタンを押せます。フォトグラフィーキットを装着すると、どうしても厚みがでるため、ポケットに入れるのは少々苦しくなりますが、ストラップホールも付いているので、首からぶら下げて持ち運ぶのが個人的にはおすすめ。ファッションアイテムとしても魅力的なスマホだと感じています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。