小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大和ハウス工業とヒルトンが「ダブルツリーbyヒルトン大阪城」を開業、ブランド初の大阪進出

2024.05.08

大和ハウス工業とヒルトン 日本・韓国・ミクロネシア地区は、「ダブルツリーby ヒルトン大阪城」を2024年5月1日より開業した。ダブルツリーbyヒルトンブランドにとって、これが大阪初進出となる。

「ダブルツリーby ヒルトン大阪城」の概要

「ダブルツリーbyヒルトン大阪城」は、天満橋駅から徒歩約5分の距離のウォーターフロントに開発された複合施設の6階から20階に位置する。大阪城に最も近いホテルの一つであると同時に、大阪駅まで車で約10分と神戸・京都・奈良をはじめとする関西の他府県へのアクセスも良く、観光にもビジネスにも便利なロケーションとなっている。

また同ホテルは、大阪城やホテルの前を流れる大川を見渡すことができる全373室の客室の他、レストランやラウンジ&バーなどの料飲施設、24時間利用できるフィットネスセンター、室内プール、エグゼクティブラウンジ、宴会場・会議室などを備えている。

■客室は4タイプ全373室、フィットネスセンターは24時間利用可

ロビーエリア

ホテルのロビーエリアは、海運業で栄えたこの土地ならではの風景や人々をモチーフに採用。かつて大阪と江戸を繋いだ商船「菱垣廻船(ひがきかいせん)」や「港」をイメージして、波を模したカーペットで趣のある空間を演出している。

キングルーム キャッスルビュー

客室は「水の都」をイメージし、水をテーマに青色を多く取り入れ、リラックスして寛げるデザイン。ホテルの前を流れる大川や大阪の街並みを楽しめるゲストルーム、大阪城の天守閣が見渡せるデラックスルーム、17階から20階までのエグゼクティブルーム、スイートルームの4タイプ全373室を用意する。

エグゼクティブラウンジ

エグゼクティブルームやスイートルームの利用客や、ゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」のダイヤモンド会員の宿泊客は、20階のエグゼクティブラウンジでゆったりとした優雅な時間を過ごすことができる。

室内プール

また、宿泊客は24時間アクセス可能なフィットネスセンター、窓から大阪城を望む全長約11mの室内プールも利用できる。

■ダイニングのコンセプトは「OMOROI X FUZEI」

ホテルでのダイニング体験は「OMOROI X FUZEI」をコンセプトに関西固有のユニークな価値観“おもろい”と、大阪城築城を機に民衆の中に生まれ、育まれた美意識としての“風情”をテーマとしている。

レストラン SEN(千)

一面ガラス張りで、大阪城の景色と一緒にビュッフェスタイルの料理やアラカルトを提供するオールデイダイニング「レストラン SEN(千)」では、ランチとディナータイムには屋台を模したコーナーで、オリジナルソースで提供するたこ焼きやどて焼きコロッケなど大阪名物の料理も楽しめる。

ラウンジ&バー SEN(舟)

「ラウンジ&バー SEN(舟)」では、デイタイムにはバリスタコーヒー、スイーツ、アフタヌーンティーを、ナイトタイムにはシグネチャーカクテルやクラフトビールなどを提供。

また、開業を記念してホテル名を冠した「Osaka キャッスル アフタヌーンティー」が期間限定で提供される。

「マーケット SEN(川)」では持ち帰り用にサンドウィッチやケーキ、お土産に最適な菓子などを購入できる。

その他、ホテルには2つの宴会場「桃の間」と「桜の間」を設置。それぞれ2分割して使用することができる。最大100名まで収容可能な「桃の間」のホワイエから大阪城の眺望が楽しめる。

<ダブルツリーbyヒルトン大阪城>
〒540-0008 大阪府大阪市中央大手前1丁目1番1号
JR「新大阪駅」~「天満橋駅」 約20分
JR「京都駅」~「天満橋駅」 約45分
JR「神戸駅」~「天満橋駅」 約35分
Osaka Metro 谷町線「天満橋駅」北改札1号出口、京阪電車「天満橋駅」東改札口14号出口より徒歩約5分

関連情報
https://doubletree-osaka-castle.hiltonjapan.co.jp

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。