小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大手グローバル企業で加速する脱中国依存とニアショアリング

2024.05.07

ニューヨークに本社を構えるグローバルコンサルティング会社のアリックスパートナーズから、「エンド・ツー・エンド・サプライチェーンにおけるニアショアリング」に関する調査レポートが発表された。

北米および欧州・中東・アフリカを拠点とする大手企業のサプライチェーン担当幹部は、チャイナプラスワン戦略の実施を加速するとともに、レジリエンスとコストの効率化に一層注力していることなど、その概要を同社リリースを元にお伝えする。

北米企業の72%が中国への依存度を下げることが非常に重要と認識

今回の調査結果から、北米企業は、中国からの調達依存を約40%削減することを目標としていることが明らかになった。

この移行は初期でありながらも極めて重要な段階と言え、中国に代わる調達先としてアメリカ国内(+10%)、メキシコ(+30%)を挙げている。

企業の約4分の3 が中国への依存度の引き下げに着手し始めており、うち半数以上が、インソーシング、リソーシングなどの手段によって2024年中に依存度を10%以上引き下げることを目指している。

■欧州・中東・アフリカ企業の大多数(94%)が中国への依存脱却を既に進めている

欧州・中東・アフリカの企業は、中国の調達シェアを全体で35%削減することを目標としていることが判明した。

中国の代わりとなる調達先として最も恩恵を受ける拠点として、インド、東欧、ベトナムを挙げている。

ほぼすべての企業が、中国依存脱却に着手しており、うち4分の1 がすでに中国への依存度を10%引き下げ、3分の1は2024年末までに10%引き下げることを見込んでいる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。