小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AIでスマホはどこまで進化する?翻訳、文字起こし、写真の補正までできる〝AIフォン〟Galaxy S24シリーズの実力検証!

2024.05.06

■連載/石野純也のガチレビュー

 音声通話やボイスレコーダー、文字入力など、スマホの基本とも言える機能にAIを適用することで、サムスン電子は「Galaxy S24」「Galaxy S24 Ultra」の基本性能や利便性を大きく底上げした。2機種を「AIフォン」と呼び、これまでのスマホとは一線を画す端末としてアピールしている。それを支えるのが、「Galaxy AI」と名づけられた各種AI機能だ。

 音声通話の翻訳に始まり、ボイスレコーダーの文字起こしや文字入力の文体変更、ブラウジングしているサイトの要約まで、Galaxy S24/S24 Ultraに実装されている機能の幅は広い。撮った写真の不足している部分を補う機能も搭載している。一方で、Galaxy AIはソフトウエアで実現している機能。2024年4月中旬からは、処理能力の近い、過去に発売されたモデルにも、適用が始まっている。

4月中旬のアップデートで、23年モデルの一部がGalaxy AIに対応した。写真はGalaxy Z Fold5

 対象となっているのは、主に23年に発売されたフラッグシップモデル。筆者が普段メイン端末として使っているフォルダブルスマホの「Galaxy Z Fold5」も、Galaxy AIに対応した。では、フォルダブル端末とGalaxy AIの組み合わせによって、どのような利便性が実現するのか。最新モデルとの違いも含め、実機でその実力を検証していきたい。

2023年のフラッグシップもGalaxy AIに対応、性能差は少ない

 日本でGalaxy AIが適用されたのは、主に23年に発売された処理能力の高いフラッグシップモデル。スマホは、「Galaxy S23」「Galaxy S23 Ultra」「Galaxy S23 FE」「Galaxy Z Fold5」「Galaxy Z Flip5」の5機種が該当する。Galaxy S23 FEは例外だが、そのほかはいずれも「Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy」を搭載しており、処理能力は今現在でも十分な高さだ。オンデバイスAIを組み合わせているとはいえ、Galaxy AIが動作しないようなチップセットではない。

「Geekbench 6」で計測したGalaxy Z Fold5のスコア。23年モデルだが、今でも十分な性能を誇る

 実際、Galaxy AIを適用したGalaxy Z Fold5と、最新モデルのGalaxy S24/S24 Ultraでは、機能差も非常に少ない。音声通話の翻訳機能も使えるし、ボイスレコーダーの文字起こしにも対応している。処理能力を必要とする生成AIを使った画像補完機能や、動画から自動的にフレームを作り出してスローモーション動画を作り出す機能にも、きちんと対応している。過去モデルだからと言って、できることに大きな差はないと言えるだろう。

Galaxy Z Fold5で利用可能なGalaxy AIの機能。基本機能の様々な部分にAIが使われていることがわかる

 ほぼ唯一の違いと言っていいのが、壁紙の自動生成機能だ。Galaxy S24/S24 Ultraには、キーワードに基づいて壁紙を自動的に生成する機能や、天気情報に基づいてリアルタイムに壁紙を生成する「リアルタイム天気」という機能が搭載されている。アップデートを適用し、Galaxy AIに対応したGalaxy Z Fold5でも、これらの機能は利用できない。

壁紙を生成AIで作成する機能は搭載されていない。この点は、Galaxy S24/S24 Ultraとの違いと言っていい

 ただし、壁紙はどちらかと言うと、端末のカスタマイズやパーソナライズに属する機能で、これがないからといって困るようなものではない。そこまでチップセットの処理能力を必要とする機能でもなく、なぜ過去のモデルが対応できなかったのかは不明ながら、実用面ではあってもなくても大きな差はないと言っていいだろう。日々使うようなAIの機能はきちんと網羅されている。

 例えば、音声通話の内容を画面に文字で表示する「テキスト通話」や、それと翻訳を掛け合わせた「リアルタイム通訳」は、Galaxy S24/S24 Ultraとほぼ変わらないスピードで表示される。Galaxy Z Fold5の方が、開いた時の画面サイズが大きいため、むしろ表示された文字が読みやすいほど。ハードウエアの特徴によって、Galaxy AIがより使いやすくなっている部分もあるというわけだ。

テキスト通話やリアルタイム翻訳といった、音声通話をテキスト化したり、翻訳したりする機能にはきちんと対応している。表示も素早く、最新モデルとの差は感じられなかった

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。