小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

グラビア界の問題児・花咲れあがグラビア以外の仕事に挑戦する理由

2024.05.03

SNSでの大胆な発言など話題に事欠かないグラビアアイドル・花咲れあさんが、3つ違いの妹・花咲のあさんとともに美容液シャンプー『ビー・フルール ワン』をプロデュース。2024年5月3日より予約受付を開始した。

グラビア界の問題児がシャンプーを手掛けた!?

『ビー・フルール ワン』は、まるでスキンケアのように、「洗う」「補う」「保つ」をオールインワンでかなえるエイジレス&ジェンダーレスな美容液シャンプー。オーガニック成分「ホホバ種⼦油」がうるおいヴェールを作り、フラーレンやエンドウ芽エキス、スサビノリエキスなどの36種の美容成分が美しい髪へと導いてくれる。

そんな本格的な美容液シャンプー『ビー・フルール ワン』の開発にかけた想いを探るべく、今回、花咲姉妹にインタビューを実施。SNSを賑わせている現在の心境や今後の展望についても赤裸々に語ってくれた。

――『ビー・フルール ワン』のこだわりポイントを教えてください

花咲れあ「前から花咲姉妹で人前に出る活動はしていましたけど、実際の商品を作ることが無かったので、すごくこだわりました。本当に新たなる挑戦でしたので、初めて知ることも多く、出来上がりが見えてくる過程も含めて、いい経験ができたと思っています。2人で協力して作った商品が皆さまのお手元に届いたらうれしいです!」

花咲のあ「私は、コスメが大好きなので、今回の開発に携わることができてすごくうれしかったですし、楽しかったです。配合成分はもちろん、パッケージデザインなどのクリエイティブにもこだわりました。香りもすごくポイントで、多くの人に好まれやすくて爽やさのある石鹸系の香りに、花咲姉妹を連想できるようなお花の香りをプラスしています」

――れあさんは昨年、事務所を退所し、現在フリーとして活動していますが、事務所所属と個人で活動することに違いを感じますか?

花咲れあ「ひと言でいうと『自責の重さ』を感じます。個人で活動する場合、『自分次第』『自立心』『向上心』『行動力』『実行力』『想像力』『精神力』などが重要になると思うので。ただ、それでも私は、やりたいことを成し遂げるための人生のステップアップだと捉えていますので遅かれ早かれ決断する選択だと思っています。

もし事務所所属で、ある程度の経験値や自信をつけられた人は、自分自身を成長させるという意味でも勇気を持って個人活動することをおすすめします。逆にそこが養われてない場合は、『安定の中で努力する事』が求められる完全事務所所属の環境で力をつけるべきだと思います」

――時には炎上するSNSについてどのように向き合っていますか?

花咲れあ「SNSは、面白さ、キャラ、かわいさ、人間味を出す事を重視してます。目に止めてもらわなければ興味につながらず、ファンもいないまま終わるからです。ただ、6年間SNSをしていた中で最近になって感じるようになったのが『がんばりすぎて本末転倒につながる』『本来の大切なものや自分を見失う』『他人への配慮が出来なくなる』などの大きなデメリットです。

それと貪欲、向上心、不器用、エンタメ、プライド、質、数字、に囚われていた自分にも気がつきました。SNSは、当然、便利な面もある一方で怖い面もあります。発信する人も見る専門の人も全員。

ひとつ間違えると、精神的に追い込まれる事になるので、私は写真集や商品などの発売が完璧に落ち着いた段階で、他人や自分を大切にするためにも頻度を減らそうと思っています。SNSでの発信を仕事にしている方は、私と同じようにならない事を願ってます」

花咲のあ「SNSは人に会わずとも色んな情報を発信できる、受け取れる便利なツールですが、使い方は人によって異なります。嘘の情報を流すことも、人を傷つけることも簡単にできてしまう怖いツールでもあるし、そんなSNSが主流となっている時代だからこそ慎重に扱わないといけないと思います。1投稿に対しても見る側の受け取り方は様々ですが、多くの人に〝癒し〟や〝元気〟を与えられるような投稿を出来るように心掛けたいです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。