小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

五月病対策として音声SNSでコミュニケーションをとるのが有効である理由

2024.05.07

学校や職場が変わることによる生活リズムの変化や、新しい人間関係の構築など、環境が大きく変わる4月を終えて、初めて迎える大型連休「ゴールデンウイーク」。

連休が終わるころには、無気力・不安感・焦燥感などの気分に見舞われる「五月病」に悩む人が多くなる。

そんな「五月病」の対処法として、「家族や友人に悩みを話す」、「音楽を聴いたり、読書をしたりする」、「睡眠の質を確保する」、「バランスの良い食事を意識する」、「身体を動かす」などが挙げられる。

顔を出さない音声コミュニケーションプラットフォームであるSpoonは、五月病になりやすい時期を前に、ユーザー7,771名に「コミュニケーションにおける悩みとSpoonの利用」に関する調査を実施した。

音声配信アプリSpoonが「五月病」の時期に合わせユーザー調査を実施

「今、悩みや孤独を感じているか」を問う質問に対し、7,771名のうち3,663名が「はい」と回答。全体の約半数にあたる47%が悩みや孤独を感じて過ごしていることが分かった。

「悩みを誰に相談するか」という質問に対しては、「SNSの友達」が3,925回答で第1位に。次いで「周囲の友達」、「家族」という結果に。

「SNSでの発信」も1,628回答集まり、全11,957回答のうち約52%を占める4,053名が「SNSの友達」もしく「SNSでの配信」と回答している。

「Spoonを一番よく利用するタイミング」は7,771人のうち約42%の3,283人が「自宅で一人の時間」、約39%の3,030人が「寝る前の時間」ということが明らかに。

また、「Spoonをどのような心情の時に利用するか」という質問に対しては14,112回答のうち42%が「楽しみたい」と回答。「落ち着きたい」時に利用する人が26%、「安心したい」時に利用する人が19%であることが明らかになった。

その理由として、1位に「コミュニケーションを楽しみたいから」、2位に「寂しい・癒されたいから」が挙げられていた。

「Spoonをどのような場所と感じているか」を問う質問に関しては、全体の7,771人のうち約23%が「自分らしくいられる場所」と捉えていることが分かった。

以上の結果から、SNSで悩み相談をしている人が多く、Spoonを「自宅で一人の時間」や「寝る前」に、「コミュニケーションを楽しむ」ために利用している人も多いことが判明。

一方で、「落ち着きたい」、「安心したい」ということを求めている人もいることが明らかに。また、Spoonを「自分らしくいられる場所」として捉えている人も多くいることがわかった。

では、なぜ音声配信アプリである「Spoon」を利用するのだろうか。調査内でリスナーとDJそれぞれに、「音声配信アプリSpoonを利用する理由」について聞いた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。