小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

若者を中心に世界で11億人がリスクに晒されているスマホ難聴、予備軍はどれくらいいる?

2024.05.02

高性能で安価なイヤホン・ヘッドホンが多数流通している今の時代。外出時にスマートフォンで音楽や動画を楽しんでいるという人は多いはずだ。

しかしWHO(世界保健機関)は2019年、スマートフォンや音楽プレイヤーなどで大音量の音を長い時間聴くと聴覚障害になる恐れがあり、若者を中心に世界で11億人が難聴のリスクに晒されていると発表した。

こうしたリスクがある中で、毎日イヤホンやヘッドホンを利用している人はいったい、どれくらいいるのだろうか?

クロス・マーケティングはこのほど、全国20~79歳の男女2,400名を対象に「耳に関する調査(2024年)」を行い、その結果を発表した。

イヤホン・ヘッドホンの使用状況

直近1か月間にイヤホン・ヘッドホンを使用した人は45%。年代別に見ると、若い年代ほど使用率が高く、20代は61%、30代では52%となった。使用頻度は、「ほぼ毎日」が31%、「週に4~5日程度」と「週に2~3日程度」が22%で多くなった。「ほぼ毎日」使用している人は、20代で45%、30代で36%と高くなった。<図1>

保有しているのは「有線イヤホン」と「ワイヤレスイヤホン」が主流だった。20代は「ワイヤレスイヤホン」の保有率が65%に及ぶ。使用シーンは「音楽を聴く」が71%、「動画配信・共有サービスの視聴」が50%と高く、以下「ラジオを聴く」「ゲームをする」と続く。<図2>

耳のために行っていること

耳のために意識的に行っていることは、「テレビ・ラジオの音量を控えめにする」「音楽の音量を控えめにする」「イヤホンやヘッドホンを使わないようにする」「睡眠を十分にとるようにしている」という行動が多く、特に70代の割合が高かった。<図3>

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。