小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

JLRが電気自動車「レンジローバー・エレクトリック」の北極圏でのテストの様子を公開

2024.04.29

英国のジャガー・ランドローバー(JLR)は、2024年4月23日(現地時間)、レンジローバー初の電気自動車(EV)である「RANGE ROVER ELECTRIC(レンジローバー・エレクトリック)」のプロトタイプ車両の画像を公開した。

北極圏での低温評価試験を完了

このレンジローバー・エレクトリックは、高度な電気推進能力、洗練性、ラグジュアリーな旅をリードするモデルとなるべく、現在、世界で最も過酷なロケーションに最初のプロトタイプ車両を配備し、-40℃の北極圏から、50℃の中東の灼熱の砂漠まで、究極の温度環境下で走行テストを続けている。

まず最初となるテストは、バッテリーとエレクトリック・ドライブユニット(EDU:トランスミッション、電気モーター、パワーエレクトロニクスを含む車両の中核コンポーネント)の能力評価に焦点をあてたもので、-40℃という極寒の環境下で行われた。このバッテリーとEDUは、ジャガー・ランドローバー(JLR)が自社で組み立てたもので、これはブランド初の試みとなる。

スウェーデンの凍った湖で行ったテストでは、「RANGE ROVER」の新しい自社製オール電気駆動システムの信頼性が実証された。これにより、すでに定評のある低グリップ路面でのパフォーマンスを上回り、さらにレンジローバーが誇るオールテレイン、全天候、そしてあらゆる路面においての走破能力はほかの追随を許さずリードし続ける。

そしてレンジローバー初採用の新しいトラクション・コントロール・システムは、凍結した路面やグリップの低い路面で、並外れたパフォーマンスを実現。レンジローバー・エレクトリックのシステムは、ABSユニットのみに頼る従来のトラクション・コントロールとは異なり、ホイールスリップの制御タスクを個々の電動ドライブコントロールユニットに直接配分し、各ホイールのトルク反応時間を約0.1秒から、わずか0.001秒までに短縮している。

JLRが自社開発した革新的なソフトウェアにより、ホイールスリップを正確かつ迅速に制御するEDUスピード・コントロールが可能となり、ABSの介入の必要性を低減させる。そして、あらゆる路面でトラクションを最大化し、卓越したレスポンスと洗練性を備えたレンジローバーならではの、ドライブエクスペリエンスを大幅に向上させる。このシステムはスタビリティ・コントロールおよびシャシー・システムと調和し、全体的にさらに洗練されたドライビングを提供する。

■JLRのプロダクト・エンジニアリング担当エグゼクティブ・ディレクター トーマス・ミュラー氏のコメント

「電気自動車のレンジローバーは、このモデルならではのラグジュアリーさ、洗練性、走破能力に、非常に静かな電気駆動システムを組み合わせることで、スムーズでリラックスした旅を実現します。

私たちは、万全を期すために物理的なテストと開発プログラムを順調に進めており、『RANGE ROVER ELECTRIC』の能力を極限まで高め、比類なきモデルとしてお客様に提供していきたいと思っています」

関連情報:https://www.landrover.co.jp/range-rover/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。