小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アストンマーティンがラグジュアリーSUV「DBX707」のインテリアを刷新、最先端のインフォテイメントシステムを搭載

2024.04.29

アストンマーティンは、ハイパフォーマンスSUV「DBX707」のインフォテイメント・システムとインテリアデザインを刷新。この新型DBX707の生産は、2024年第2四半期以降に開始予定で、期中に最初のデリバリーを行う予定としている。

アストンマーティンのDBX707は、2022年に発売されて以来、圧倒的なパフォーマンス、突出したダイナミクス、比類ないスタイル、究極のラグジュアリー感などによって、SUVのスーパーカーとして、セグメントの頂点へと急速に上りつめた。DBX707は圧倒的な人気を誇り、今や英国のウルトラ・ラグジュアリー・パフォーマンス・ブランドのSUVポートフォリオにおいて唯一無二の存在となっている。

今回の新型DBX707のハイライトとなるのがインテリアの全面的な刷新で、アストンマーティンが自社開発した最先端のインフォテイメント・システムと印象的な新しいキャビン構造を採用している。この革新的な刷新では、完璧なデザインと絶対的なラグジュアリーを、非常に優れたコネクテッドカー・テクノロジーと組み合わせることで、職人技とイノベーションの理想的な融合を体現している。

アストンマーティンのグローバル チーフ ブランド&コマーシャル オフィサーであるマルコ・マティアッチ氏は、新型DBX707について、次のように述べている。

「クラス最高のパフォーマンスとダイナミクス、一流のデザイン、最高レベルのラグジュアリーを備えたDBX707は、新たなウルトラ・ラグジュアリーSUVのベンチマークをたちどころに確立しました。最先端のテクノロジーと一新されたインテリアで今回さらに進化したDBX707によって、一段階上の次元に引き上げられ、あらゆる競合車のハードルが一気に上昇しました」

次世代インフォテイメント・システムを搭載

全面的なインテリアの刷新と並んで、今回、DBX707にはアストンマーティンの次世代インフォテイメント・システムが搭載されている。完全に一体化されたこのマルチスクリーン・システムは特別に製作され、ワイヤレスでApple CarPlayとAndroid Autoを使用でき、さらに複数ポートのUSB-Cハブが用意されており、アストンマーティン・カスタマー・アプリによる完全なオンライン・コネクティビリティを提供する。

なお、インフォメーションは、静電容量式のシングルフィンガーまたはマルチフィンガー・ジェスチャーコントロールが可能なクラス最高のピュアブラック・タッチスクリーン技術により表示される。メインとなるドライバー用のインストルメント・クラスターのスクリーンは12.3インチとなり、DB12やVantageより1.5インチ大きく、10.25インチのセンター・インフォテイメント・ディスプレイ・スクリーンとともに一新されたダッシュボードとセンターコンソールに組み込まれている。

さらにタッチスクリーンのコマンドと物理スイッチの感触を絶妙なバランスに保つために、DBX707はギアセレクト、ドライブモード、暖房、換気などの主な機械操作にはボタン式を採用しており、デジタルとアナログを完璧に融合させた制御を実現するというアストンマーティンの哲学を継承している。また、サスペンション、ESP、エキゾースト、レーンキープ・アシスト、パーク・ディスタンス・コントロールのコントロールスイッチなど頻繁に使用されるコントロール類は常に手元で便利に操作できるよう配置されている。

一新されたインテリア

アストンマーティンの次世代インフォテイメント・システムの集大成となるDBX707では、そのインテリアも一新され、DB12とVantageに採用されたアストンマーティンの大胆な新デザインの最新進化形といえる。自信と品質を感じさせる、クリーンでコンテンポラリーなラインは、新型ダッシュボードの上下を二分するように水平に引かれた美しいデザインラインで、素晴らしい空間と一体感を生み出している。

この力強い直線的なテーマは、インテリア全体の高さを抑える役割を果たしている。クローム素材の分量を多くすることで、現代的なパネルやシンプルになったセンターコンソールが高級感を増し、スポーツカーらしさと印象的なモダン・ラグジュアリーを完璧なバランスで実現。

さらに新しいステアリングホイールから、再設計されたD型プルドアリリースハンドル、エレガントな縦型エアベントまで、インテリアのあらゆる部分が進化し、いずれもブライトクロームまたはダーククロームのインテリア・ジュエリーとマッチしている。また新しいフロントドアのパネルは大きくなり、グロス・スモークド・オーク、グロス・チタン・メッシュ、最新のジリコート・ウッド、ピアノ・ブラック、カーボン・ファイバーなど、さまざまな新素材が用意されている。

そしてインテリアトリムには3種類の仕様があり、それぞれが独自の特徴的なディテールを採用している。「Inspire Comfort」の特徴はマトリックス刺繍とキルティングであり、「Inspire Sport」にはベクトル刺繍が施され、「Accelerate」にはスポーティな要素を加えるためにアルカンターラが使用されている。さらに、細部にはマイクロパイピングやサテン刺繍が施されている。もちろん、アストンマーティンのビスポーク・サービスであるQ by Aston Martinによって、さらにパーソナライゼーションの可能性を広げられるようになっている。

現在、DBX707には、14台の800ワットスピーカーを備えたアストンマーティン・プレミアムオーディオが標準装備されている。最新のハードウェアを使用して開発されたこのシステムは、QuantumLogicサラウンド・サウンド・プロセッシングによるサラウンド・サウンド・モードを特徴とし、没入感の高いリアルなサウンドスケープを実現。

しかし、コアなオーディオファンは、アストンマーティンのオーディオパートナーであるBowers&Wilkinsと共同開発したオプションシステムに心を惹かれるだろう。DBX707の室内空間と形状に合わせて音響設計されたこの優れたシステムには、高い評価を受けているBowers&Wilkinsの一流のラウドスピーカーに生かされている技術とイノベーションが使用されている。

アルミニウム・ダブルドーム・トゥイーターとContinuumミッドレンジ・スピーカーのおかげで、この23スピーカー・ダブルアンプリファイド1,600Wサラウンド・サウンド・システムは、バランスの取れた正確なサウンドをもたらす。そして専用の3Dヘッドライン・スピーカー、ベース・スピーカー、パワフルなサブウーファーが、DBX707自体の特徴を反映したパワフルでダイナミックなサウンド体験を提供する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。