小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

国内最大規模の共通ポイント「青と黄色のVポイント」が生む新経済圏の衝撃

2024.04.25

■連載/綿谷さちこのクレカの強化書

CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)グループのTポイントとSMBCグループのVポイントが統合し、「青と黄色のVポイント」が誕生。CCCMKホールディングスと三井住友カードは、この新しいVポイントサービスがスタートする2024422日、「Vポイント」サービス開始記念イベントを開催した。

イベントにはVポイントを始め、SMBCグループのテレビCMに登場する小栗 旬氏と吉高由里子氏がスペシャルゲストとして登場。新しいVポイントのスタートを一緒に祝った。

イベントに登壇した小栗 旬氏()と吉高由里子氏()

日々の暮らしで貯まってどこでも使える

2003年に始まった国内初の共通ポイントのTポイントと、三井住友カードの決済などで貯まるVポイント。それぞれのID数を合計するとなんと15400万にもなり、国内最大規模の共通ポイントとなる。

利用できる店舗は今までのTポイント提携店の15万店はそのまま、Visa加盟店は国内750万店舗、世界では1億店にも及ぶ。ポイントはID連携することで合算でき、従来のTポイント提携店では提示して三井住友カードで決済することで、ポイントがダブルで貯まる。そして貯まったポイントは世界の店舗でもネットショップでも利用できる。

この規模感に、「これからポイントを貯めていくのが楽しみ。いろんなところで貯めて使える」と小栗氏。吉高氏も「数字を聞いているだけでもすごい規模のサービスが誕生するんだなとワクワクします」と期待感を語った。

TポイントとVポイントがひとつのポイントに。

Vポイントの貯め方と使い方。

日常の買い物や決済で貯まり、貯まったポイントはどこでも使えることから、「ぶいぶい、貯まる。ぶいぶい使える。」がキャッチフレーズ。「Vポイント」サービス開始記念イベントから引き続き行なわれた「Vポイント」サービス説明会では、ポイントがぶいぶい貯まって、ぶいぶい使える理由について、CCCMKホールディングスの坂 浩明氏が説明を行なった。

CCCMKホールディングス カスタマーマーケティング部 部長の坂 浩明氏。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。