小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

DJIが70分でフル充電できるポータブル電源「Power 1000」「Power 500」を発売

2024.04.26

民生用ドローンと革新的なカメラ技術で市場をリードするDJIから、新型ポータブル電源としてPower 1000とPower 500が発売された。価格はPower 1000が11万4400円、Power 500は5万8300円。

2つのサイズでニーズに合った充電を

Power 1000は、バッテリー容量1024Wh、重量13kg、Power 500は、バッテリー容量512Wh、重量7.3kgとなっており、それぞれ、最大出力電力は2000W、1000Wを実現。

■DJIドローンなら約30分で飛行を再開できる

別売の充電ケーブルを使用すると、DJI Power SDC超急速充電機能を使用して特定のDJIドローンのバッテリーを急速充電でき、約30分で10%から95%まで充電して再度飛行することが可能だ。

ドローンバッテリーを3つ、DJI Powerポータブル電源を1台持っていけば、クリエイターは1日中、飛行や撮影を楽しむことができ、充電切れが原因で制作が中断してしまうリスクを低減できる。

家庭用電源や太陽光、車両など選べる充電方法

ポータブル電源を充電する時、ユーザーは、自分に合った方法を選ぶことができる。

家庭用電源を使って充電する場合、両製品の最速の充電時間は完全充電までが70分、バッテリー残量80%までが50分。

■安全性を第一に

本体の構造やバッテリーセルの材料、そしてシステム ソフトウェアに至るまで、安全性を第一に設計。DJI Power 1000/500は、スイスが本拠地の第三者認証機関SGSの‌26種類の製品試験認証を取得している。

さらに、インテリジェント バッテリー管理システムは、最大充電サイクル数3000回に対応するLFP電池、バッテリー寿命10年、温度センサー、ヒューズや難燃性のある高強度素材の使用などの特徴を備え、安心して使うことができる。

DJIストアで購入すると、ポータブル電源に3年間の保証が付帯する。登録を完了すると、さらに2年間保証期間が延長される。

■停電時でも0.02秒以内に接続しているデバイスへ給電を開始

電化製品が、電源の入ったDJI Power 1000/500にAC出力ポート経由で接続され、両方ともに電力が供給されている場合、DJI Power 1000/500はデフォルトでUPS(無停電電源装置)モードに入る。

すなわち、急な停電が起きた場合でも、DJI Power 1000/500は、0.02秒以内に接続しているデバイスへ給電を開始できるのだ。

■静音動作&機能的

Power 1000を充電中でも、Power 1000のノイズレベルは23 dBで、ほとんどの家庭用冷蔵庫よりも静か。騒音がほとんどない環境でも、動作音は気になりにくい。

どちらのデバイスも、急速充電プロトコル(Power 1000:PD 3.1、Power 500:‌PD 3.0)に対応し、効率的な出力を実現。Power 500に搭載された2つの100W 双方向USB-Cポートは、カメラやスマートフォン、ノートパソコンなど異なる2つのデバイスにそれぞれ電力を供給できる。

より大容量の電力を必要とする場合は、Power 1000の2個の140W USB-C出力ポートを使って、主要ブランドのパワフルなパソコンを急速充電することが可能だ。

■豊富なアクセサリー

Power 1000/500に搭載された複数のポートは汎用性に優れ、様々な種類のソーラーパネル、電源ケーブル、アダプター等の接続に対応。どこにいても、何をしていても、Power 1000/500があれば、常に電源を確保できる。

・DJI Power ソーラーパネル アダプターモジュール (MPPT)
1枚〜3枚のソーラーパネルに接続して、太陽光でDJI Power 1000/500を充電する。

・DJI Power 車内電源ソケット – SDC 電源ケーブル (12V/24V)
カーチャージャー経由でDJI Power 1000/500を充電したり、ソーラーパネルに接続して、ソーラーパネル経由で充電したりすることができる。

・Zignes 120W ソーラーパネル(北米以外)/Zignes 100W ソーラーパネル(北米のみ)
DJI Power 1000/500は、DJI Power ソーラーパネル アダプターモジュール (MPPT)を使用して、太陽光で充電できる。

・DJI Power SDC – Matrice 30シリーズ 急速充電ケーブル
230 Wの急速充電に対応し、Matrice 30のバッテリーを10%から95%まで充電する場合、約32分が必要。

・DJI Power SDC – DJI Air 3 急速充電ケーブル
125 Wの急速充電に対応し、Air 3のバッテリーを10%から95%まで充電する場合、約30分が必要。

・DJI Power SDC – DJI Mavic 3シリーズ 急速充電ケーブル
‌150 Wの急速充電に対応し、Mavic 3シリーズのバッテリーを10%から95%まで充電する場合、約32分が必要。

・DJI Power SDC – DJI Inspire 3 急速充電ケーブル
200 Wの急速充電に対応し、Inspire 3のバッテリーを10%から95%まで充電する場合、約28分が必要。

・DJI Power SDC – XT60 電源ケーブル (12 V)
このケーブルを使用すると、DJI Power 1000/500は12V DC出力を行うことができ、模型航空機などのバッテリーのバランス充電器やFPVドローン、もしくはXT60コネクターを搭載したデバイスに接続可能。

・DJI Power SDC – 車用デバイス充電プラグ 電源ケーブル (12 V)
このケーブルを使用すると、車載冷蔵庫など、車用デバイス充電プラグを備えた車載用デバイスに接続できる。

・DJI Power 1000 保護収納ケース
ポータブル電源を衝突やほこりから保護し、ポータブル電源の持ち運びの利便性が向上する。

※記載の全データは制御された環境下にて、DJI Power 1000、DJI Power 500の製品版モデルを使用して測定した値です。

関連情報
https://www.dji.com/jp/power-1000
https://www.dji.com/jp/power-500

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。