小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

在住外国人が選んだ「住みたい都道府県」ランキング、3位神奈川、2位大阪、1位は?

2024.04.27

日本では少子高齢化が進み、在留外国人の数がより一層増えることが予測されている。では日本在住の外国人は、どの都道府県に魅力を感じ住みたいと思っているのだろうか。

YOLO JAPANは、フィリピン、アメリカ、インドネシアなど計60か国、306名の日本在住の外国人にオンラインアンケートを実施。「日本在住外国人が選ぶ!住みたい都道府県ランキング」として発表したので、概要をお伝えしよう。

日本在住外国人が選ぶ!住みたい都道府県ランキングと上位5位の特徴

1位:東京都

東京は圧倒的な仕事の機会と利便性の高い生活環境が魅力であり、外国人からも「仕事が多い」「何でもそろっている」「交通の便が良い」といった声が多く寄せられた。キャリアアップや充実した生活を求める外国人にとって最適な選択肢と言えるだろう。

2位:大阪府

大阪府では、豊かな食文化、温かい人柄、そして活気あふれる都市環境が大きな魅力として挙げられ、「食べ物・飲み物がおいしい」「人がやさしい」といった点が評価されていた。異文化交流や新しい発見を求める外国人にとって魅力的な場所だ。

3位:神奈川県

神奈川県を選んだ外国人からは「何でもそろっている」「気候がいい」といった声が多く寄せられ、都会の利便性を享受しながらも、自然の中でリラックスできる環境を求める外国人にとって理想的な場所であることが分かる。

4位:京都府

京都府では、「自然が豊か」「日本文化を体験できる」といった点が評価され、古都の風情と伝統文化を肌で感じられることが重要視されている。 日本の歴史や文化に興味を持つ外国人にとって、京都府は特別な魅力を持つ場所と言えるだろう。

4位:沖縄県

沖縄県は美しい自然と温暖な気候が特徴であり、「リラックスできる」「気候が良い」といった声が多く寄せられ、リゾートのような生活を送りたい外国人にとって理想的な場所とされている。

調査概要
調査期間:2023年11月18日~2024年1月28日
調査対象:60か国306名の日本在住外国人(YOLO JAPAN会員)
調査方法:オンラインアンケート

調査結果から見えてくる日本在住外国人にとっての住みやすさのポイント

今回の調査結果から、日本在住外国人が住みたい都道府県を選ぶ際には、仕事や生活の利便性、日本文化の体験、自然環境など、様々な要素を考慮していることが分かった。

このことから、日本の各都道府県が持つ独自の魅力を的確に伝えることで、外国人観光客が旅行に訪れたり、更には移住先を選ぶ際の選択肢になる可能性があることが分かる。

インバウンド対策や外国人が移住したいと思う環境を整えるためには、日本の各都道府県の素晴らしい魅力を世界に向けて積極的に発信し、相互理解と交流を深めていくことが重要となるだろう。

関連情報
https://www.yolo-work.com/14471

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。