小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

リサイクルすると新たなシューズに生まれ変わるアシックスのランニングシューズ「NIMBUS MIRAI」

2024.04.27

アシックスは、シューズに使われている材料を容易に分別しリサイクルできるようにしたランニングシューズ「NIMBUS MIRAI(ニンバスミライ)」を、アシックスラン 東京丸の内、アシックスフラッグシップ原宿、アシックスストア大阪、アシックスオンラインストアで発売した。メーカー希望小売価格は、22,000円(税込)。

リサイクルによって新たなシューズに生まれ変わる特別設計のランニングシューズ「ニンバスミライ」

本商品は、アシックスを代表するクッション性を重視した高機能モデルのひとつで、シューズの構造や各部位の役割を検証し、従来と同等の品質や性能を保ちながら、各素材をリサイクルできるようにしたのが最大の特徴。

ランナーとともに環境への意識を高めてもらえるよう、使ったシューズを回収する取り組みも同時に行う。

アッパー(甲被)は、本体をはじめ補強部やハトメ(靴ひもの通し孔)などもすべて単一素材でできており、そのうち75%以上が再生ポリエステル素材を使用している。

アッパー素材を単一にすることで、パーツごとに分解するなどの作業を削減でき、高い精度で再生が可能。今回は試験段階においてリサイクル工程へ投入したアッパーのうち、87.3%がPET原料として再び利用できることが確認できた。

ミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)とアウトソール(外底)は、粉砕処理をし、マットやパネルなどの素材の一部にリサイクルされる予定だ。

また、アッパーとミッドソールを接合する接着剤を、独自に開発し採用している。従来と同等の強度がありながら、熱を加えることで簡単にはがすことができ、リサイクルしにくい原因のひとつだった材料の分別が容易になった。

使い終わった「NIMBUS MIRAI」の回収方法は、特設サイトで確認でき、国内はオンラインで受け付ける。

シューズは世界で年間約239億足作られており、そのうち95%以上が使用後に埋め立てられるか焼却処分になる※といわれている。

多数の異素材を使い複雑な構造で製造されることがリサイクルにしくい主な理由で、本商品はこれらの課題を解決すべく開発した。
※ Footwear production worldwide 2022 | Statista

商品名の「NIMBUS」はラテン語で「雲」を意味し、文字通り走りを軽く快適に感じさせ、雲の上で走っているような履き心地を提供することから名付けた。

「MIRAI」は、持続可能な世界が当たり前となるべく、次世代のランナーと一緒に考えてもらいたい、という思いが込められている。

アシックス プロジェクトリーダー 上福元 史隆氏のコメント

「NIMBUS MIRAI」の開発は、2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロを目指すアシックスにとって重要なマイルストーンとなります。愛用してきたシューズが新たなものへ生まれ変わる、それが当然でありランナーの誇りでもある、といった未来をみなさまとともに創出していきたいと思います。

製品概要

品名:NIMBUS MIRAI
品番:1013A138
価格:22,000円(税込)
カラー:ホワイト×ホワイト
サイズ:22.5~29.0cm(0.5cm刻み)、30.0cm
素材:アッパー:合成繊維 アウターソール:ゴム底
生産国:ベトナム

関連情報
https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/mirai

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。