小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

シャフトは3種類!BRIEFING GOLFとEPONのコラボで生まれた限定アイアンセット

2024.04.28

ラゲッジブランドとして誕生したBRIEFINGは、2017年秋冬に同社がローンチをしたBRIEFING GOLFと、ゴルフのほか自動車や医療機器、航空機用の高品質な金属製品を手がける遠藤製作所の自社ゴルフブランド「EPON」とのコラボを実施。4月26日より発売を開始する。

なおコラボレーションアイテムは、4月19日よりBRIEFING OFFICIAL SITEで先行発売が開始され、4月26日から同社六本木ヒルズ店、表参道ヒルズ店限定での取り扱いになる。

〝本物〟を志向する姿勢に互いが共鳴したことでコラボが実現

開発から生産まで徹底管理され高い品質で唯一無二のアイアンを作り続けている「EPON」と、バッグの製造過程から培ったQCC(Quality・Creativity・Craftsmanship)をブランドのコアにしている「BRIEFING GOLF」。

妥協のない“本物”を志向する姿勢に互いが共鳴したことから今回、数量限定のアイアンセットが完成した。

完成するまで幾度と話し合いを行ない、細部まで徹底的に追求した、プレイヤーに快適なスイングとスタイリッシュさを体感できる至極のセットとなっているという。

さらに今回は、BRIEFING GOLFがEPON のために制作したアイアンカバーもセットで発売。4番からピッチングまで用意したセパレートアイアンカバーは、軟鉄のアイアンだからこそ装着可能なマグネット式を採用しており、各番手に合わせた刺繍をカバーにデザイン。黒×赤の配色で統一感を演出している。

また、ゴルフクラブやアイアンカバーそれぞれを、黒×赤の配色にしたスペシャルボックスにパッケージして販売。室内での収納に適しているほか、コレクションとして保管しておく際にも、その存在感を発揮するはずだ。

コラボレーションアイテムの概要

アイアンセットは、シャフトによって3種類をラインアップ。ただし、どれも最適なバランス(振り感)に合わせるため、それぞれの重さとクラブの長さを照らし合わせながら微調整が加えられている。

またシャフトのベース色はすべてブラックにすることで、全体を通して統一感のあるシックな色合いに仕上がっている。

■BRIEFING × EPON PERSONAL SET DG 105 S

シャフトは「Dynamic Gold 105 ONYX BLACK S200」のスチールシャフト。「ダイナミックゴールド」は、世界で最も売れているアイアンシャフトで、タイガーウッズや松山秀樹、ローリー・マキロイも愛用していることでも知られている。3つのラインアップのなかでは、最もベーシックなタイプ。
価格/39万8200円(税込)
販売数量/限定40セット

■BRIEFING × EPON PERSONAL SET RA I90 S

シャフトは「RAUNE IRON i90 S」。「BRIEFING」のキャディバッグの脚も製作している「グラファイトデザイン」社のカーボン×スチールの複合シャフト。3 つのラインアップのなかでは最も優いシャフトで、軽く打ちやすいことが魅力だ。
価格/37万9500 円(税込)
販売数量/限定30 セット

■BRIEFING × EPON PERSONAL SET MO 115 S

シャフトは「N.S.PRO MODUS³ TOUR 115 S」。日本シャフト製のスチールシャフトは、通常モデルには存在しないブラックベースを今回のために制作。今回のコラボレーションコレクションとしての価値も備えた至高のアイアンセットだ。
価格/36万7400 円(税込)
販売数量/限定30 セット

<アイアンカバー>

今回セットで用意したアイアンカバーは、4 番からピッチングまで用意したセパレートタイプ。軟鉄のアイアンだからこそ装着可能なマグネット式を採用しており、各番手に合わせた刺繍をカバーにデザインしている。また黒×赤の配色で統一感を演出。

<グリップ>

「BRIEFING」からのオーダーで実現した「パルマックス」のグリップ。プロの使用率も高く、波形状のグリップは雨でも高い性能を誇る。また、グリップエンドまでオールブラックとしながら、パルマックスロゴをBRIEFINGロゴに変更している。

<ヘッド>

ヘッド部分は「BRIEFING」ネームとステッチラインをレーザーで刻印。通常はEPON ロゴ部分は金色だが、今回はコラボレーション仕様に。「BRIEFING」のキーカラーである赤色をさり気なく添えている。

<ソケット>

クラブとシャフトの結合部分であるソケットは黒色が一般的だが、今回はコラボレーションオリジナルでレッドラインを配したものを制作。見逃しがちなところまで、抜かりなく手が加えられている。

■スペック表

※Length:60 度法で測定しています。

 

関連情報
https://www.briefing-usa.com

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。