小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

好きなビールのおつまみTOP、3位チーズ、2位唐揚げ、1位は?

2024.04.22

麦芽やホップの芳醇な香りとほどよい苦み、そしてのど越しの良さで楽しむビール。昨今、2023年10月の酒税法改正によるビールの減税で、発泡酒・新ジャンルとの価格の差が少なくなっているが、今はどんな種類のビールが特に飲まれているのだろうか?

クロス・マーケティングはこのほど、全国20歳~69歳の男女1100人を対象に「ビールに関する調査(2024年)」を実施し、その結果を発表した。

ビールのイメージは、「飲み会の時にまず最初に頼む」が37.7%で最多

「普段飲んでいるお酒の種類」を調べたところ、家飲み・外飲みいずれも「ビール」が最多で4割前後に達した。ビールの飲用率を男女・年代別でみると、男性40~60代で高く、一方、女性20代は1割にとどまった。また、男性60代は外でビールを飲む人が約7割となり、突出して高い割合を示した。

「普段飲んでいるビールの種類」は、家飲みでは「国内の定番ブランドの缶ビール」が78.0%、外飲みでは「国内の定番ブランドの生ビール」が67.0%で圧倒的に多かった。

以下、家飲みでは「発泡酒・新ジャンル」「国内のプレミアムビール(缶)」、外飲みでは「国内の定番ブランドの瓶ビール」「国内のプレミアム生ビール」が2~3割台で続き、国内ブランドのビールがよく飲まれていることがわかった。

「ビールのイメージ」について尋ねたところ、「飲み会の時にまず最初に頼む」が37.7%で最多に。以下、「のどが渇いている時には、まず飲みたい」が29.8%、「食事に合う」が24.8%で続く。なお、「食事にあう」は、男性では28.1%に対して、女性は18.8%となり、男女で差が見られた。

「ノンアルコールビール・ビールテイスト飲料のイメージ」について聞くと、「ビールに寄せているが、やっぱり味が違う」という否定的なものと、「気軽に色々なシーンで飲める」「ビールとは違うが、おいしいと思う」という肯定的なものがほぼ同率で約1割となった。他方、「ノンアルビール・ビールテイスト飲料を飲むことはほとんどない」と回答した人は20.4%となった。

「好きなビールのおつまみ」では、「枝豆」が一番人気に輝いた。以下、2位「唐揚げ」、3位「チーズ」、4位「ナッツ」、5位「ポテトチップス」と続いた。

<調査概要>
調査手法 :インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域 :全国47都道府県
調査対象 :20~69歳の男女
調査期間 :2024年4月12日(金)~ 13日(土)
有効回答数:本調査1,100サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合がある

出典元:株式会社クロス・マーケティング

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。