小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

昭和のブランドRICCARのミシンが糸を使わないニードルパンチミシンになって復活

2024.04.22

NOEXCUSは、RICCARミシン復活第1弾製品として「RICCARニードルパンチミシン」の先行予約販売を、応援購入サービス「Makuake」にて開始した。プロジェクト期間は2024年6月29日までで、製品は8月末までに配送予定。一般販売価格は77,000円だが、「Makuake」では4月19日現在、50,050円~応援購入受付中だ。

↑RICCARニードルパンチミシン

素材を特殊な針で叩くことで生地に埋め込んだり、新しい風合いの素材を作り出すことができる!

■RICCARミシンについて

RICCARは、昭和の時代に人気を博した日本のミシンブランドだ。昭和40年代(1970年〜)において、手ごろな価格の既製服を販売する店がほとんどなく、一般家庭では洋服を手作りするのが一般的だった。そのため、家庭用ミシンは生活必需品として多くの家庭で使われていた。この流れを支えていたのは、リッカーを含む国内のミシンメーカー。特にリッカーは国内家庭用ミシンのトップシェアを誇り、日本三大ミシンメーカーとしての地位を築いていた。

↑RICCARアンテークミシン

そんな、昭和の時代に家庭用ミシンで人気だった、RICCARブランドのミシンが令和の時代に復活。今回、その第1弾として、家庭用ニードルパンチミシンを発売することになったのだ。

■RICCAR ニードルパンチミシンの特徴

ニードルパンチミシンは、一般的なミシンとは異なる、糸を使わないミシンだ。ニードルパンチという、ニードル(針)で刺繍糸や毛糸を埋め込んで模様や絵を描く刺繍の技法があるが、ニードルパンチミシンでは同じように様々な素材を針でたたくことで、生地に埋め込んだり、新しい風合いを生み出すことができるのだ。

↑RICCARニードルパンチミシンの使用イメージ1

毛糸、コットン、ウール地、オーガンジーやショーゼットなど、様々な素材の組み合わせやアイディア次第で、自由に作品を作ることができるのが魅力で、ハンドメイドに使う新たな素材を作り出すことに活用できるほか、塗り絵のようにあざやかにアートを楽しむことも可能だ。

また、また糸を使わないので面倒な糸掛けや、糸が絡んでしまったりすることがないのも、ニードルパンチミシンの魅力のひとつ。使い方も、フットコントローラーを接続したら素材を用意してスタートするだけと簡単なので、誰でも手軽に手芸を楽しむことができそうだ。

↑RICCARニードルパンチミシンの使用イメージ2

<RICCAR ニードルパンチミシンの製品概要>

使用針:#S1037
針本数:5本針仕様
針留:丸型
電源の種類:電源フットコントローラー式
消費電力:42W 60/50㎐
照明ライト:100V 12W
本体サイズ:幅435×奥行189×高さ292mm
重量:5.5kg

製品情報
https://www.makuake.com/project/riccar_sewing/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。