小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アウディが航続距離619kmを実現した「Q8 Sportback e-tron quattro」のレンジプラスパッケージを発売

2024.04.22

アウディ ジャパンは、フルサイズEVクーペSUV「Q8 Sportback e-tron quattro」の一充電走行距離が619km(WLTCモード)となるオプションパッケージ「レンジプラスパッケージ」を新設し、販売を開始した。

e-tron史上最長の一充電航続距離619kmを達成

今回Q8 e-tronに新設されたレンジプラスパッケージは、バーチャルエクステリアミラーやエアロホイール、転がり抵抗の少ないタイヤを採用し、それぞれ空気抵抗、路面摩擦抵抗を低減することで、効率を最適化。これにより、Q8 Sportback 55 e-tron quattro S lineの一充電走行距離は619km(WLTCモード)となり、ベースモデルの一充電航続距離501kmより118km長い、史上最長の一充電走行距離を実現する。

この小型カメラシステムを搭載したバーチャルエクステリアミラーは、従来のミラーに比べて空気抵抗と風切り音を低減するとともに、車内のOLEDタッチディスプレイに、後方の様子を映し出し、雨や雪などの悪天候時や夕暮れ時にも、周囲を鮮明な映像で確認できるようになっている。なお、視界の位置や角度は近接センサー付きタッチディスプレイに触れることで調整可能で、駐車時、右左折時、高速走行時など、様々なシーンで高い視認性を提供する。

一方、風の流れを最適化するフラットな形状のアルミホイール「5アームエアロデザイン グラファイトグレー8.5J×19」とそれに組み合わされる、転がり抵抗の少ない255/55R19タイヤにより、それぞれ走行時の摩擦抵抗を低減し、効率を最適化することにより、一充電距離の伸長を実現した。

このオプションパッケージの装着対象モデルとなるQ8 Sportback 55 e-tron quattro S lineは、先代モデルにさまざまな改良を加えたことで、一充電走行距離が大幅に向上した。たとえば、従来のバッテリー製造工程で生まれる電極材の隙間をスタッキング方式と呼ばれる、折り重ねるように配置する方法に変更することで隙間を極力なくし、先代モデルよりバッテリー寸法やモジュール数を変更することなくエネルギー密度の向上を可能としたことでバッテリー容量が増加している。

また、セル内の化学物質の配合を変更し、更なるエネルギー密度の向上を行なった。さらに、エネルギー回生効率を上げ、空力性能やモーターの効率も上がっている。このようなベースモデルの特徴と、今回発表の一充電走行距離を伸ばすオプション、レンジプラスパッケージを組み合わせ、アウディの電気自動車e-tron史上最長の一充電航続距離619km(WLTCモード)を実現している。

【メーカー希望小売価格】
Q8 Sportback 55e-tron quattro S line 13,170,000円(税込)

関連情報:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q8-e-tron/audi-q8-sportback-e-tron.html

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。