小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

352台のランボルギーニがパレード!ブランドを讃える祭典「Lamborghini Arena」をイモラ・サーキットで開催

2024.04.21

ランボルギーニは、2024年4月6日、7日の両日、同社の祭典「Lamborghini Arena」をイモラ・サーキットで初開催した。このイベントでは、ランボルギーニの世界観を集結させ、ブランドの情熱と成功を称え、過去と現在、そして未来を祝う歴史に残る日となった。

イベント期間中、来場者はランボルギーニの革新的な技術に触れるとともに、Santernoサーキットを疾走した数多くのモデルを、現実とバーチャルの両方で運転することに挑戦。また、パドック内のスタンドでは来場者とランボルギーニのパートナー企業が一堂に会した。

そこには6,000名を超える来場者と380台のクルマが集まり、顧客、ファン、従業員がランボルギーニの世界観を直に感じることのできるイベントとなった。

アウトモビリ・ランボルギーニ Chairman and CEO ステファン・ヴインケルマン氏は、次のようにコメントした。

「Lamborghini Arenaは、ランボルギーニに対する皆さんの愛情と情熱の祭典です。昨年の60周年記念に続き、全モデルのハイブリッド化と重なる2024年という、当社にとって非常に特別な時期にこのようなユニークなイベントを開催できたことを大変誇りに思います。ランボルギーニにとって大切な瞬間をファンの皆さんと共に祝いたいと考えています。このイベントの目的は、お客様やファンの皆様、そして従業員の誰もが参加でき、ランボルギーニの全コミュニティーを一堂に集めるイベントにすることです。この2日間はランボルギーニの世界観を存分にお楽しみいただけるよう注力しました」

パートナー企業が各種アクティビティを用意

今回のLamborghini Arenaは、革新性と卓越性への姿勢を強調するランボルギーニ全社を挙げての取り組みに満ちたイベントとなった。同社は常に最先端のデザインを生み出しており、この伝統に沿い、本イベントにはLamborghini Centro Stile専用エリアを設けた。来場者は最新モデルの元となったオリジナルのスケッチ鑑賞や、ランボルギーニの象徴的なラインと鋭角的なデザインを白紙の状態から作り上げたデザイナーたちの功績をこのエリアで満喫しました。

また、Automobili Lamborghiniミュージアムのホスピタリティ・エリアには、2023年に世界中のアーティストに作成を依頼し、ブランドの精神と高揚感を体現し、ランボルギーニの60周年を祝ったアート作品が展示された。

さらに、Lamborghini Accessori Originaliもブース出展し、来場者は、Akrapovic社と共同開発したエキゾーストシステムのデモンストレーションと独特のサウンドを体験した。また、ランボルギーニの研究開発部門もガレージツアーを実施。このツアーでは、技術者たちが熱心なファンとともに、Super Trofeoプログラムに関する新しい重要な展望や、クルマの新しい技術的詳細を追及した。さらに2日目はイモラ・サーキットのコースで、352台のランボルギーニによるパレードを実施し、史上最も大規模で印象的なパレードのひとつとなった。

そして同イベントでは、ランボルギーニとパートナー企業があらゆる年齢層やニーズに向けた数多くのアクティビティを用意。キッズエリアでは、LEGO Italyとのコラボレーションによるインタラクティブな体験や、ランボルギーニとDucatiのキッズトラックでは子供たちに「サーキットを走る」体験を提供。大人向けには、Ducati Desert ✕とMultistradaの試乗会などをイモラ市街地で行った。

さらにランボルギーニのパートナー企業が提供する各種アクティビティの中で、Tod’sは、アイコンであるゴンミーニ・ローファーを、本社のあるマルケ州の職人の技術でパーソナライズできるコーナーを設けた。このローファーはアウトモビリ・ランボルギーニと共同開発を行い、今年1月に正式に発表されたものとなる。

ピレリは、ウルス用として認定された製品を取り揃えたブースを出展し、専門家がタイヤに関する情報やガイダンスを行った。O2Hはサーキットに2台のクライオ・チャンバーを持ち込み、最高-140°C/-220°Fの低温状態を全身で体感できるブースを設けた。またホスピタリティ・エリアでは、CultiMilanoが調香したランボルギーニ専用のフレグランスの香りに包まれた。

Lavazza coffeeは、上質なくつろぎとリフレッシュのひとときを提供し、ミニカーメーカーのMRCollectionは、アイコンといえる、1:8スケールモデルを展示。Gillette Labsもブースを出展し、ゲストへのプレゼントとともに自社製品を紹介し、この日のテーマに沿って2台のランボルギーニのモデルカーの間にラジコントラックを駐車させるというインタラクティブなゲームを行い、成功した参加者に賞品を贈った。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。