小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あるあるネタを15年間ほぼ毎日投稿!つぶやきシローさんがつぶやき続ける理由

2024.04.17

2009年9月以来、X(旧Twitter)への「あるあるネタ」投稿をほぼ毎日続けている、お笑い芸人のつぶやきシローさん。先月末には、約15年の「つぶやき」からセレクトしたものをまとめた本が発売に。投稿を始めたきっかけから、継続の裏側にある本音まで、本人に率直な思いを聞いた。

「やめたいけどフォロワーさんに失礼だから何となく続けています」

つぶやきシローさんつぶやきシローさん
1971年、栃木県出身。1994年、ピン芸人としてデビュー。栃木訛りで繰り出す「あるある」ネタが受けブレークする。小説『イカと醤油』(宝島社)、『私はいったい、何と闘っているのか』(小学館)は、2022年に映画化もされた。ほか、『こんな人いるよねぇ~』(自由国民社)、『3月生まれあるある』(さくら舎)、絵本『つぶやき隊』(TOブックス)など出版している。本書のもととなっているXでのPOSTは、2009年9月から投稿。フォロワーは100万人ぎみ。

好評発売中

つぶやきシローさん

『リモコンの電池を換えてて、ちょっとでもテレビに気を取られると、あれ?新しい電池どっちだっけってなるね。』

Amazonで購入する

楽天ブックスで購入する

「僕のあるあるネタが、まんべんなく伝わればいいなぁと思ってますけどね」

 100万人に迫るフォロワー数を誇るつぶやきシローさんのXアカウント。きっかけは2009年9月、とある雑誌の企画だったという。その頃のX(当時Twitter)といえば、2008年4月に日本語版サービスが始まって1年が経過。芸能人や政治家が続々とアカウントを開設するなど、ユーザーが一気に増加し、「ツイートする=つぶやく」というスタイルが徐々に浸透した時期だ。

「芸名がつぶやきだからね。『やってみませんか?』って。でも元々SNSをやるタイプではないから、設定の仕方もわからない。だから、アカウント開設の作業は全部『Twitter JAPAN』の人にやってもらったんです。『毎回、ここに書き込むだけですから』って言うから、まあ、それならできるかな〜くらいの軽い気持ちでした」

 雑誌の発売日をひとつのめどにスタートしたアカウントだったが、いざ始めてみると、想像していた以上のペースでフォロワーが増えていった。

「なんか、そうなると、今さら『ツイートやめます』ってのも言いづらいな、と思っちゃって……。思い返してみると、そう言う人生なんですよ。芸人になったのも、最初はまともな契約書なんてなくて、事務所の〝預かり芸人〟でしたから。その頃毎週木曜18時にネタ見せがあったんだけど、それが本当に嫌でね。当日の昼くらいまでダラダラして、ギリギリでネタ仕上げて乗り切る生活。周りでは芸人を辞めていくヤツもたくさんいましたよ。でも僕は、『やめる』が言えないの。Xもそう。『やめる』が言えなくて、今がある」

スタッフが「これ好き」っていうのを入れたりね。意外と僕はなんでもいいの(笑)

本は「1ページ1つぶやき」の構成。過去のすべての投稿をさかのぼってセレクトした。右端にある「追いつぶやき」は本人による書き下ろし。

つぶやきシローさん

コメントは見ないよ。そもそもスマホあんま触んないもん。

投稿するたび、それに呼応するかのようにフォロワーからの「追いあるある」の応酬が。時には、リプライ数が100を超えることもある。

つぶやきシローさん

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。