小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

この春から投資を始めるもしくは始める予定の人、毎月の投資額が10万円以上が3割

2024.04.19

国内最大級の家計診断・相談サービス「オカネコ」を運営する400F(フォーハンドレッド・エフ)は、新生活における支出や家計の実態を探るべく、全国の『オカネコ』ユーザーを対象に「新生活の支出に関する調査」を実施。回答結果をグラフにまとめて発表した。

約8割が新生活のスタートに伴い、支出が増加傾向

「新生活のスタートに伴い、支出は増加します(しました)か?」という質問に対して「はい」75.8%、「いいえ」24.2%という結果になった。

■新生活の支出で最も多い支出は「新生活用品の購入費用」

「支出の内容に関して当てはまるものをお答え下さい」という質問に対し、多かったものから「新生活用品の購入費用(住宅の初期費用(敷金・礼金)・引越し費用を除く、生活用品(家具・家電)の購入費用など)」63.4%、「教育費(入学費除く)」36.0%、「住宅の初期費用(敷金・礼金)・引越し費用」31.4%という回答順になった。

自由回答のなかには、「交通費」、「新しい会社で着る仕事着」といった新生活ならではの声も上がっている。

■住宅の初期費用・引越し費用の平均は30万2941円

新生活の支出内容が「住宅の初期費用(敷金・礼金)・引越し費用」と回答した人に、「支出の金額、もしくは支出予定の金額を教えてください」と聞いた。

その結果、「10万円以上20万円未満」24.1%、「20万円以上30万円未満」18.5%、「10万円未満」14.8%、「30万円以上40万円未満」13.0%、「40万円以上50万円未満」13.0%という回答順となり、平均金額は30万2941円だった。

■約3割が新生活用品の購入費用にかかった金額は「10万以上20万円以下」と回答

新生活の支出内容が「新生活用品の購入費用(住宅の初期費用・引越し費用を除く、生活用品の購入費用など)」と回答した人に、「支出の金額、もしくは支出予定の金額を教えてください」と質問した。

最も多かった回答は「10万円以上20万円以下」29.4%という結果になった。以下、「10万円未満」18.4%、「20万円以上30万円未満」18.4%、「40万円以上50万円未満」10.1%と続いた。

さらに、回答した人に「最も高い購入品は?」と聞いたところ、「冷蔵庫」「洗濯機」など、新生活の必需品である家電用品が多く上がった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。