小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これがスマートウォッチの完成形かも!?編集部員を唸らせた「HUAWEI Band 9」の実力

2024.04.29

これがスマートウォッチの完成形では?

筆者である私、DIME編集部デスク・チバは「腕時計を着けない派」の人間だ。それでもこの製品は「超有り寄りの有り」だと思えるくらい素晴らしい。

近年ヘルスケアに力を入れるHUAWEI。続々と最新デバイスを投入する中で、血圧を測定できる「HUAWEI WATCH D」や、ウォッチと連動して科学的にランニングフォームをチェックできる「HUAEWI S-TAG」などを発表してきた。

これらのデバイスが素晴らしいのはわかる。だが、私は持て余す。

日頃原稿を書いたり読んだりするだけで、運動といえば取材で往復する道中くらいのズボラな筆者にとっては、オーバースペックなのだ。というか、腕にゴツいウォッチがついているのがなんだか気になってしまう。PCのキーボードを叩くときにはなんとなく邪魔だし(ウォッチのベルト部とPCのパームレストが干渉する)、ベルト部分が汗ばんでくるのも嫌だ。何より頻繁にバッテリーを充電しなければならないのは、毎日使うデバイスとしては苦痛極まる。

だけどもなんとなく健康管理はしたいし、スマホに届いた通知をウォッチで見られたらいいな〜……そんな人が筆者以外にどれほどいるかはわからないが、いずれにせよそれくらいの温度感の人にとって「こういうのでいいんだよ」的なデバイスが登場した。洗練された機能とデザイン、そしてそれに即した手に取りやすい価格は、個人的には”スマートウォッチの完成形”と思わせてくれる。いや、さすがにちょっと言い過ぎか。

なお、本記事は広告案件ではない。それでも原稿を書きたくなるくらい、いい製品が登場したと捉えてほしい。

1回の充電で14日間もバッテリーが保つ

2024年4月上旬に発表され、日本では同28日に発売となった「HUAWEI Band 9」。その最大の特徴は「小さくて軽い」ということだろう。重さ14g、厚さは8.99mm。ウォッチは軽ければ軽いほど、ストレスが軽減されるので良い。

バンド部にはフルオロエラストマー素材を採用しており、肌に優しく耐久性・耐汗性も強い。前述のようにPCで原稿を執筆するとキーボードのパームレストとの干渉してしまうが、多少はやむを得ないか。

睡眠の質を記録する機能も搭載

肝心な機能はといえば、24時間のバイタル測定や血中酸素濃度測定、ワークアウトモード、ストレスモニタリング、生理周期管理などウォッチとしてほしい機能はおおむね搭載している。もちろん、スマホで再生している音楽をコントロールしたり、ウォッチからスマホを鳴らすなども可能だ。詳細は公式サイトをチェックしてほしい。

目を見張るのが「約45分の充電で約14日間使用可能」という超パワフルなバッテリーだろう。ヘビーユースでも9日間使用可能だという。実際筆者が使い始めて3日目だが、まだバッテリーは73%も残っている。

このパワフルバッテリーの恩恵は、単に「面倒な充電が減る」ことにとどまらない。せっかくヘルスケアへのモチベーションが高まっており「運動や睡眠の記録をとろう!」と意気込んでも、ふとした折にウォッチのバッテリーが切れてしまい「記録がとれないなら、もういいや」となってしまったことはないだろうか。私はある。

バッテリーが長時間続くということは、ヘルスケアのモチベーションが長く続くことに繋がるのだ。たぶん。

あとは文字盤の変更機能があるくらいだ。正直、ごちゃごちゃした機能はなくていい。毎日使うのだから、ユーザーフェースはシンプルに、機能もこれくらいでいい。

〝クラウン誤押事件〟も起きずに済む

これは健康管理が万全な読者諸賢には関係ない話かもしれないが、某有名林檎ウォッチだと、肥満気味の筆者はふとした折に手首の肉がクラウンを押してしまう。これによる誤作動が、まあ結構なストレスだったのだが、「HUAEWI Band 9」の縦長スリムなボディではそういったことは一度もなかった。

手首の肉がウォッチ側面を圧迫している。私の代わりにウォッチがスリムで助かった

公式ストアでの価格は8580円。超高コスパな「HUAWEI Band 9」の快適なつけ心地をぜひ一度、お試しあれ。

【基本情報】

サイズ:24.54mm(W) ×43.45mm(H)  ×8.99mm(D)
重量:約14g(ベルト含まず)
ディスプレイ:1.47インチAMOLED(有機EL) 194×368ピクセル
防水:5ATM
センサー:9軸センサー/光学式心拍センサー/環境光センサー
通信規格:Bluetooh 5.0 BLE
バッテリー持続時間:通常使用/約14日間 ヘビーユース/約9日間
対応OS:Android 6.0+/iOS 9.0+
付属品/充電クレードル付きUSBケーブル/スマートウォッチ設定ガイド
HUAWEI Band 9の詳細はこちら

文/千葉康永(DIME編集室)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。