小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマートホーム市場は今後、投資先として有望なのか?

2024.04.18

米国企業VSシリーズ:スマートホームテクノロジーの争い

スマートホームテクノロジーとは、家庭用デバイスやシステムをインターネットを通じて連携させ、遠隔操作や自動化を可能にする技術です。

これにより、照明、暖房、冷却、セキュリティシステムなどが遠隔操作や自動化され、日常生活の便利さ、効率性、快適さが日々、飛躍的な向上を続けています。

この技術の導入により、家庭内のデバイスが互いに通信し合い、ユーザーの生活パターンや好みに応じた自動調整が可能となり、結果的にエネルギー消費の最適化を実現しています。

なかでも米国のテクノロジー企業の巨人たちは、このスマートホーム市場の巨大な潜在性に早くから目を付け、積極的に事業展開を進めてきました。

たとえばGoogle、Amazon、Appleなどの企業は、それぞれ独自のプラットフォームやデバイスを開発し、消費者の家庭をデジタル化するための製品を提供しており、これらの企業による革新的な製品開発とマーケティング戦略は、スマートホーム市場の急速な成長を牽引し、新しいビジネス機会を次々と生み出しています。

そこで今回の米国企業VSシリーズは「スマートホームテクノロジー」をテーマに、各企業の現状について解説していきます。

魅力的なスマートホーム市場の成長要因

スマートホームの世界市場規模は2022年に802億1,000万米ドルであり、2030年までに3,382億8,000万米ドルへと拡大することが見込まれています。

この驚異的な成長の背後には、世界中でインターネットユーザーが増加していることが挙げられます。これにより、スマートデバイスへのアクセスが容易になり、その結果、スマートホーム技術への需要が拡大しています。

また発展途上国における顧客の可処分所得の増加が、市場の拡大を支えています。経済的な余裕が増すことで、より進んだ家庭用テクノロジーへの投資が可能になるのです。

さらに、遠隔地での家庭監視の重要性が高まっていることも、市場成長を後押ししています。家族の安全を確保するため、または長期間家を空ける際に安心を得るため、多くの人々がスマートホームソリューションを導入しています。

またエネルギー効率の高い低炭素排出ソリューションへのニーズが高まっていることも、スマートホーム市場の成長を促進する要因です。これは、気候変動への対応として、より持続可能な生活スタイルへの移行が求められているからです。

これらの要因が組み合わさることで、スマートホーム市場は新たな技術革新の舞台となり、それに伴い、企業や消費者に新たな機会が生まれているのです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。