小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ヒョンデの「IONIQ 5 ロボットタクシー」が米国の運転免許試験に合格した動画を公開

2024.04.17

ヒョンデは、同社とその自律運転技術開発するパートナーであるMotional社が共同開発した全電動式の自動運転車両「IONIQ 5(アイオニック ファイブ)ロボットタクシー」が米国の運転免許試験と同様の試験に無事合格する様子を紹介するキャンペーン動画を公開した。

ラスベガスで実際に利用可能な自動運転タクシー

このIONIQ 5 ロボットタクシーの自律走行技術の安全性と信頼性を伝えるために制作された動画では、ロボットタクシーが米国ラスベガスの公道走行など、公共レベルの運転免許試験に合格するまでの様子を紹介し、その卓越した性能を実証。この快挙は、自律走行車のための技術を結集したIONIQ 5 ロボットタクシーの信頼性の高さと、全ての人に安全で自由な移動を提供する可能性を示している。

動画は、視覚障害のあるアメリカ人女性パール・アウトローさんと、母親のルースさんへのインタビューから始まる。パールさんは、網膜色素変性症という症状のために自由な移動ができない上に、多くの人にとって自立と自由の象徴である運転免許証を取得することもできない。

パールさんのストーリーは、身体障害のある人たちが日々の生活で抱える、移動に関するさまざまな課題を浮き彫りにし、自立を実現する上での自律運転技術の重要性を強調。他人に頼らずに自由に移動できる自由を提供するIONIQ 5ロボットタクシーは、「自立したモビリティ」というパールさんの夢を実現するものとなる。

なお、 IONIQ 5 ロボットタクシーサービスは、ネバダ州ラスベガスの一部エリアで利用可能だが、時間帯によっては利用できない場合がある。ラスベガスでロボタクシーに乗車してみたいという人は、Uberアプリにアクセスし、「UberX」または「Uber Comfort Electric」を選択すると、IONIQ 5ロボットタクシーとマッチングされるチャンスがある。自律走行車の配車が可能な場合、Uberはその自律走行車とユーザーをマッチング。ユーザーが自律走行車を選択したら、配車が確定となり迎えに来る。Motional社による自律運転機能の継続的なテスト中は、常に運転席に運転者がいるため、必要に応じて走行中の車両の運転を引き継ぐことができる。

AIによる自動運転車が運転免許試験に合格

「私は、DMV(日本の運転免許証センターに相当する、米国のDepartment of Motor Vehicles(車両管理局)認定運転試験官として25年の経験があります。この25年の間に、公共の安全のために何千人もの受験者を落第させてきました」と、IONIQ 5 ロボットタクシーの試験実施前に担当試験官のキャンディス・ジョーンズさんは述べた。封鎖されたコースでジョーンズさん監視のもと実施した運転免許試験のシミュレーションで、IONIQ 5 ロボットタクシーは、速度制御、車線変更操作、一時停止標識での正確な停止、左折、そして危険発生時の反応時間においてすばらしい結果を残し、見事試験に合格した。

注:ジョーンズさんにはこの動画への出演料を支払っている。今回のキャンペーン動画でジョーンズさんが実施した運転免許試験のシミュレーションは、ネバダ州車両管理局の認可または認定を受けていない。ジョーンズさんがキャンペーン動画の中で発行した運転免許証はレプリカであり、ネバダ州車両管理局の認可を受けていない。

動画の中で、IONIQ 5 ロボットタクシーは、ラスベガスで最も有名な通りであるラスベガス・ストリップやラスベガス郊外を難なく走行している。なお、今回のキャンペーン動画の自律運転部分の一部は、人間のドライバーでシミュレートされた。IONIQ 5 ロボットタクシーの自律運転機能のテストはすでに何千時間も実施しているが、Motional社は今後もネバダ州ラスベガスの閉鎖コースとオープンコースで自律走行車のテストを続ける。

このIONIQ 5 ロボットタクシーは、モビリティを大きく変える多様な技術を1台の車で体現したものおなる。これは、ヒョンデと自律運転技術を開発するMotional社が、先進的な自動車プラットフォームおよび自動運転技術の開発と厳格なテストにおいて長年にわたりさまざまな分野で協力してきた結果。IONIQ 5 ロボットタクシーは、LiDAR、レーダーおよびカメラを組み合わせた一連の高度なセンサーにより、多様な運転環境において一貫したドライビングパフォーマンスを実現する。

同社シニアバイスプレジデント兼グローバルマーケティング責任者ジ・ソンウォン氏は、次のようにコメントしている。

「移動の自由を追求する企業であるHyundaiが開発したIONIQ 5 ロボットタクシーの安全性と信頼性を、このキャンペーン動画で確認してください。今後もAIを活用した自律運転技術をさまざまな形で発信していきます。私たちは、自律運転技術はお客様の毎日の生活にポジティブな変化をもたらすと確信しています」

関連情報:https://www.hyundai.com/worldwide/en/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。