小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

密封設計だからニオイも漏れにくい!全自動で排泄物を処理するジェンハイの猫用トイレ「Neakasa M1」

2024.04.18

ジェンハイジャパンは、クラウドファンディングサイト「makuake」で2,298万920円の応援購入額を達成した全自動猫トイレ「Neakasa M1」の一般販売を開始した。価格は75,000円。

ゴミ捨ては2週間に1回でOK!

「Neakasa M1」が、猫の出入りを感知する高精度センサーを搭載した全自動猫トイレ。猫がトイレから出ると自動的に排泄物の掃除がスタートするという仕組みで、トイレ部分がゆっくりと前後に動くことで、猫砂と排泄物を振り分け、排泄物だけを本体下にあるゴミ箱へと落としてくれるのだ。

しかも、11.23リットルの大容量ゴミ箱を搭載しているので、ゴミ捨ては2週間に1回でOK。トイレのスペースとゴミ箱が完全に分離しており、排泄物を掃除した後ゴミ箱を密封するため、臭いが漏れにくいうえ、ゴミ箱にたまった排泄物は、トレーを引き出して、ゴミ袋の紐をギュッと引いて口を閉じれば、ポイッと捨てられるので、手を汚さずに猫砂を処理することが可能なのも嬉しいポイントだ。

また、屋根なしのオープン&広々設計なのも特徴で、大きな猫でも使いやすく、好きな体勢でトイレができるとのこと。もちろん、安全性にも考慮しており、高精度赤外線センサー5つ+重量センサー4つの計9つのセンサーを搭載しているので、掃除中に猫が入ってきても、自動で停止するという。

さらに、専用アプリを用意しているのも、本製品の大きな魅力のひとつ。アプリと連携することで、スマホから、外出先から猫のトイレの時間や回数を確認したり、掃除のタイミングを遠隔操作したりすることができるのだ。

主な仕様は、本体サイズが幅591×奥行525×高さ512mm。トイレサイズが幅434×奥行420×高さ400mm。本体重量が10.35kg。トイレ容積が7.17L。ゴミ箱容量が11.23L。動作音が±50dB。

製品情報
https://noxl.ink/ogcAB3

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。