小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

キリンが幻のブランド梨を使用した「氷結 mottainai 浜なし」を限定発売、果実のフードロス削減と農家支援を目指す

2024.04.17

キリンビールの「氷結」ブランドから、新シリーズ「氷結 mottainai」の誕生が発表された。

第一弾として、「キリン 氷結 mottainai 浜なし」が2024年5月7日(火)より新発売。同社では、「氷結 mottainai プロジェクト」を発足。果実のフードロス削減及び農家支援をパーパスにしていく。

プロジェクトの第一弾に選ばれた「浜なし」とは?

〝mottainai〟を冠する新商品は、規格の問題で廃棄される予定の果実を「モッタイナイ果実」と位置づけ、それを使用することでフードロス削減を目指すもの。

第一弾に使用されるのは、横浜の幻のブランド梨「浜なし」。

「浜なし」は木の上で完熟させる独特な栽培方法が特徴で、それゆえに果汁豊富で甘くみずみずしいおいしさを誇る。一方で、果肉の食感が失われる「みつ症」になりやすく、多い年でそれは20%以上にも及ぶという。

このような課題がありながらも、青果以外で販売するルートが確立されておらず、やむなく廃棄されてきた。その数について、JA横浜の北尾一郎さんは「1年間に19t、数で言うと6万個が廃棄されていました」と話す。

それが今回、「氷結 mottainai」による「浜なし」の採用により、約2万2000個分のロス削減を目指していく。

氷結ブランドマネージャーの山岡加菜さんは「浜なし」を選んだ理由について、「企画してから、果実を見つけるまでに半年かかりました。そこで出会った浜なしの味わいは、みずみずしいおいしさを追求してきた『氷結』にぴったり。それにキリンビールも横浜を発祥の地にしていることから、親近感を抱いていました。こうした理由から、第一弾は『浜なし』しかないと思っていました」とコメントを寄せた。

同シリーズでは第二弾の発売も予定。「モッタイナイ!」を合言葉に、農家とともに持続可能なブランドを作り上げていくという。

気候問題、後継者不足、肥料コストの増加など、多くの課題を抱える果実農家の現状。これを打破すべく、キリンビールは商品の売り上げ1本につき1円を生産者へ寄付していくといい、おいしさと社会貢献を両立した新商品で市場を活性化していく。

商品詳細

「キリン 氷結®mottainai 浜なし(期間限定)」
発売日:2024年5月7日(火)
容量・容器:350ml・缶、500ml・缶
価格:オープン価格
アルコール分:5%
純アルコール量:350ml缶:14g、500ml缶:20g

文/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。