小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜ仕事ができない人ほど、自分のミスを認めようとしないのか?

2024.05.03

「何となく元気が出ない」「仕事がしんどい」、こんな悩みを抱えていませんか?休み明けは特に感じるモヤモヤかもしれません。

実は、元気がない状態は〝科学の力〟で解消できるのだとか!

誰でもすぐ実践できるのに、まだ多くの人が試していないメソッドとは?明治大学教授の堀田秀吾さんによる著書『誰でもできるのにほとんどの人がやっていない 科学の力で元気になる38のコツ』から一部を抜粋・編集し、科学的根拠に裏付けされた「元気になる方法」を紹介します。

〈自分のレベルを正しく認める〉
正しい自信をつけるには「認知バイアス」の壁を打ち破る必要がある
——— コーネル大学ダニングらの研究

ミスを指摘されたり、人に注意されたり、批判されたり、やることなすことうまくいかないとき……みなさんはどんな気持ちになるでしょうか。

素直に受け取るのは、なかなか簡単なことではありません。

「いや、だってそれは◯◯があったから……」「私だけのせいでは……」などと、つい反論・他のもののせいにしたくなると思います。

そうすることによって、自尊心や自我を守ろうとしているのです。

コーネル大学のダニングらは、長年、人の認知について研究を重ねてきました。

中でも有名なのが、ダニングとその弟子のクルーガーの名前が冠せられた「ダニング=クルーガー効果」です。

これは「能力の低い人ほど、自分の未熟さや他人のスキルの高さを正しく認識できない。そのため、自分を過大評価する傾向がある」というものです。

たとえば、「仕事ができない人ほど、自分のことを棚にあげて説教をする」とか、「ミスをして叱られても、(自分の非とは思っていないので)人の注意を聞かない」などなど、そうした行動を言います。

自分の非や弱さを認めてしまうと自分の存在意義がゆらいでしまうので、過剰に守ろうとしてしまう、ということもあるでしょう。

このように、自分の願望や脳の特性などによって、実際の現象とは違う方向に考えが向いてしまう現象を「認知バイアス」と言います。

ダニングらは、大学生を対象にした調査で、テストで低い点数を取る学生ほど、自分ではもっと高い点数を取っていると考える傾向を見つけるなど、さまざまな研究からダニング=クルーガー効果の存在を裏づけています。

つまり、人間は誰しも「自分の能力不足を認めるのはつらい」ということです。そのため、多くの人が認知バイアスの罠に陥り、現実を正しく見られず、成長の機会を逃してしまっています。

これは反対に考えると、「だからこそ、自分の能力不足を認め、改善しようと努められる人は稀であり、貴重な存在」なのです。

むしろ、自分の弱さを認めるということは、大チャンスなのです。

最近、うまくいかないなぁということが続いているときは、「それは自分が未熟だからではないか?」「落度はないか?」とまずは自問してみましょう。

冷静に、客観的に自分の行動を振り返ったときに、それでも「どう考えても自分に落度はない」のであれば、人の声など気にしなくて良いのです。

反対に、「まぁ確かに言い方が悪かったかも」「進め方が良くなかったかも」などと、改善できる点があればもうけもの。行動を変えることで、成長の速度が速くなっていきます。

注意点としては、あくまでも「客観的に」。必要以上に悲観する必要はありません。

第三者の目で冷静にジャッジする癖をつけます。

自問自答の習慣をつけることで、自分の行動を正しく評価できるので、結果的に「弱い自分を守るための見せかけの自信」ではなく、「正しい認識にもとづく自信」が生まれてくるのです。

何事も、自問自答。その習慣を大切にしてみてください。

☆ ☆ ☆

いかがだったでしょうか?

『誰でもできるのにほとんどの人がやっていない 科学の力で元気になる38のコツ』で紹介されているのは、世界の科学論文などで紹介されたエビデンスがあるメソッド。科学で証明されたノウハウは、きっとあなたの生活に役立つはずです。

テンションが下がった時に試したい、とっておきの方法が詰まった一冊をぜひ書店でチェックしてみてください。

誰でもできるのにほとんどの人がやっていない
科学の力で元気になる38のコツ
発行所/株式会社アスコム
Amazonで購入する
楽天ブックスで購入する

著者/堀田秀吾(アスコム)
明治大学法学部教授。言語学博士。熊本県生まれ。シカゴ大学博士課程修了。ヨーク大学修士課程修了。言葉とコミュニケーションをテーマに、言語学、法学、社会心理学、脳科学などのさまざまな学問分野を融合した研究を展開。専門は司法におけるコミュニケーション分析。研究者でありながら、学びとエンターテイメントの融合をライフワークにしており、「明治一受けたい授業」にも選出される。また、芸能事務所スカイアイ・プロデュースで顧問を務めるなど、学問と実業の世界をつなぐための活動も続けている。プライベートでは空手、サーフィン、マラソン、近年はヒップホップやロックダンスにも挑戦中と、エネルギッシュな日々を送っている。座右の銘は、「あとでやろうはバカやろう」。『最先端研究で導きだされた「考えすぎない」人の考え方』(サンクチュアリ出版)、『図解ストレス解消大全科学的に不安・イライラを消すテクニック100個集めました』(SBクリエイティブ)など著書多数。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。