小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドコモとAmazonの協業がスタート、ポイントが貯まって得をするのはどんな人?

2024.04.13

■連載/綿谷さちこのクレカの強化書

ドコモとAmazonが新たな協業を発表した。その1つが「dポイントに関する協業」で2024410日からスタート。もう1つが「Amazonプライムに関する協業」で、こちらも411日に開始している。

これらの協業は、私たちがオンラインストアのAmazon.co.jp(以下、Amazon)で買い物する時に影響するもの。いったいどういう内容なのか?

4月10日に開催された「ドコモとAmazonの新たな協業に関する記者発表会」に登壇したNTTドコモ 代表取締役社長の井伊基之氏()とアマゾンジャパン 社長のジャスパー・チャン氏(右)。

Amazonの買い物でdポイントとAmazonポイントの両方が貯まる

「dポイントに関する協業」は、Amazonの買い物で1%分のdポイントが貯まり、買い物代金にdポイントを使うこともできるというもの。Amazonの買い物で他社のポイントを獲得でき、使うこともできるのは今回が初めての取り組みだ。

1%分のdポイントを獲得するためには、dアカウントとAmazonアカウントを連携して、1回あたり5000円以上の買い物をする。dポイントの付与上限は1100ポイントなので、11万円までの買い物がポイント還元の対象になる。

同じ買い物でAmazonポイントも貯まるので、ポイントの二重取りが可能(例外あり)。これらdポイントとAmazonポイントは1ポイント=1円単位でAmazonの買い物に使うこともでき、ポイントを使用した場合でも両方のポイントが貯まるところがお得だ。

アカウントの連携はAmazonの特設ページから行なえる。

dアカウントはドコモ回線でなくても取得できる無料の共通IDなので、誰もが利用することができる。アカウントを連携しておけば、これまで通りのAmazonの買い物で、15000円以上の時には、追加で1%分のdポイントが貯まるようになる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。