小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年2月の外食市場規模は2728億円、コロナ前の2019年比で86.6%と2か月連続の後退

2024.04.16

2月と8月はニッパチ景気とも言われ、売上が落ち込みやすい時期といわれている。2024年2月はうるう年で例年よりも1日日数が多かったが、外食市場にはどのような影響があったのだろう。

「ホットペッパーグルメ外食総研」は、2024年2月度の外食市場調査をリリースしたので、概要をお伝えしよう。

外食単価は伸びるも延べ外食回数が伸びず、外食市場規模はコロナ前の19年比で後退

2024年2月の外食市場規模は、3圏域合計で2728億円。前年同月比(以下、前年比)は+222億円。市場規模の2019年同月比(コロナ禍前比、以下19年比)は86.6%で、前月の同88.6%から後退していた。19年比では2カ月連続での後退となっている。

外食単価(2,850円)は19年比110.5%と前月の同110.0%を上回ったが、うるう年で19年より1日多かったにもかかわらず延べ外食回数の19年比が78.3%と伸びず(前月同80.5%)、市場規模の19年比での後退につながったようだ。

首都圏、関西圏、東海圏の3圏域では雨や雪の日も多かったことが影響した可能性もある。

市場規模の食事主体業態・計は19年比96.3%(前月同94.0%)、飲酒主体業態・計は同70.3%となった(同79.7%、軽食主体業態・計は同86.5%(同86.9%)。

主要16業態では「居酒屋」等14の業態で市場規模が前年を上回り、うち9業態は単価・延べ外食回数ともに前年比プラスを記録。

19年比では「レストラン、食堂、ダイニング、洋食店」(109.2%)等でコロナ禍前を上回る市場規模となった。

調査概要
調査対象:首都圏、関西圏、東海圏の各圏域中心部からの鉄道距離が、おおむね首都圏:90 分圏、関西圏:80 分圏、東海圏:60 分圏の市区町村に住む20~69 歳の男女(株式会社マクロミルの登録モニター)
調査方法:インターネットによる調査

関連情報
https://www.hotpepper.jp/ggs/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。