小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

話題のAIスマホ「Galaxy S24」シリーズが発売、スマホの未来を先取りした実力とは?

2024.04.14

毎年春ごろに発売されることから、1年の間に登場するハイエンドAndroidスマホの指標ともなる、Galaxy Sシリーズ。2024年モデルの「Galaxy S24」シリーズは、グローバル市場ですでに販売されていますが、日本モデルが満を持して登場しました。

販売キャリアは例年通りドコモ、auの2社。加えて今回は、SIMフリー版(メーカー版)も、キャリア版と同日の4月11日発売。採用モデルはGalaxy S24、Galaxy S24 Ultraの2機種。それぞれの販売価格は下記の通りです。

[Galaxy S24]

・Samsungオンラインショップ販売価格
256GB:12万4700円
512GB:13万9000円

・ドコモオンラインショップ販売価格(機種変更時)
256GB:一括払い14万5970円、「いつでもカエドキプログラム+」適用時3270円/月×23回(実質負担額7万5218円)

・auオンラインショップ販売価格(機種変更時)
256GB:一括払い14万4800円、「スマホトクするプログラム」+「5G機種変更おトク割、Galaxy S24機種変更おトク割」適用時2513円/月×22回+初回2514円(実質負担額5万7800円)
512GB(オンラインショップ限定):一括払い15万7800円、「スマホトクするプログラム」+「5G機種変更おトク割、Galaxy S24機種変更おトク割」適用時2947円/月×22回+初回2966円(実質負担額6万7800円)

[Galaxy S24 Ultra]

・Samsungオンラインショップ販売価格
256GB:18万9700円
512GB:20万4100円
1TB:23万3000円

・ドコモオンラインショップ販売価格(機種変更時)
256GB:一括払い21万8460円、「いつでもカエドキプログラム+」適用時5193円/月×23回(実質負担額11万9460円)
512GB(オンラインショップ限定):23万2804円、「いつでもカエドキプログラム+」適用時円5702円/月×23回(実質負担額13万1164円)
1TB(オンラインショップ限定):26万1580円、「いつでもカエドキプログラム+」適用時6781円/月×23回(実質負担額15万5980円)

・auオンラインショップ販売価格(機種変更時)
256GB:一括払い22万4800円、「スマホトクするプログラム」+「5G機種変更おトク割、Galaxy S24機種変更おトク割」適用時4513円/月×22回+初回4514円(実質負担額10万3800円)
512GB(オンラインショップ限定):一括払い23万7800円、「スマホトクするプログラム」+「5G機種変更おトク割、Galaxy S24機種変更おトク割」適用時4947円/月×22回+初回4947円(実質負担額11万3800円)
1TB(オンラインショップ限定):一括払い25万9800円、「スマホトクするプログラム」+「5G機種変更おトク割、Galaxy S24機種変更おトク割」適用時5600円/月×23回(実質負担額12万8800円)

Galaxy S24シリーズは、「AIフォン」とも呼ばれ、これまでのスマホとは一線を画す、新しい使い方ができるとのこと。そこで、日本モデルのGalaxy S24シリーズの特徴について、詳しくチェックしていきます。

AIフォン「Galaxy S24」シリーズが活躍するAIを活用した4つのシーンとは

サムスンいわく、AIは、膨大なデータベースから予測、提案をすることで、人間のような会話のキャッチボールができるのが特徴。

これを活用し、「個人の能力を拡張させ、生産性の向上や、コミュニケーションの壁を打ち破るための、個人の基礎的な能力をアシストしてくれる、未来のモバイルデバイス」を、「AIフォン」と呼んでいます。

そんなAIフォンことGalaxy S24シリーズは、AI処理に特化した「NPU」を内蔵した、Snapdragon 8Gen 3 Mobile Platform for Galaxyを搭載。他社のAI機能に特化したスマホと比較しても、機能の豊富さや処理能力が高くなっているとのことです。

では、実際にGalaxy S24シリーズで利用できる、AIを使った便利機能にはどんなものがあるのでしょうか。

■AI機能が本領を発揮するコミュニケーションツール

AI機能がわかりやすく活躍するシーンの1つが、「リアルタイム通訳」や「テキスト通話」といった、コミュニケーションツールとしての活用です。

Galaxy S24シリーズでは、外国語ユーザーとの通話時に、リアルタイムでAIが通訳してくれたり、LINEやInstagramでのチャット時に、母国語で入力しても、自動的に翻訳してくれる機能が利用できます。

対面で利用できる通訳機能では、Galaxy Budsシリーズと接続して、リアルタイムでの通訳が耳元で聞こえるようになります。

驚異的なのは、これらの処理がデバイス上で行われているという点。つまり、スマホがネットに接続されていない状況でも、これらの機能が利用できます。海外旅行時など、通信環境が安定しない、使えない状況にも便利に活用できます。

翻訳機能としては、他言語のニュースをAIが自動で翻訳し、要約してくれる機能もあるため、通勤時など、短い時間でも、サクッとニュースに目を通せます。

■文字起こしやノートの整理もAIが代わりにやってくれる!?

Galaxy S24のレコーダーアプリでは、録音した音声の文字起こし機能が搭載されています。話者を区別して文字起こしをしたり、翻訳も可能で、話の概要をまとめる機能も利用できます。

メモ書きをする際に便利なノートアプリでは、手書きのメモをテキスト化したり、長い文章を段落分けしてまとめる、わかりやすい表紙カバーを作成することができます。

前モデル同様、Galaxy S24 UltraにはSペンが内蔵されているため、ペンで書いたメモを、テキストに変換してまとめるといった使い方ができます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。