小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「改正空家対策特措法」の施行で空き家問題は解消されるのか?

2024.04.15

国土交通省の調査によると、全国に空き家は約849万戸あり、空き家率は13.6%と過去最高の水準になっている(※1)。野村総合研究所は、2038年には空き家数は2,303万戸に達し、空き家率は31.5%まで上昇するというシミュレーション結果を公表した(※2)。

国土交通省は空き家対策の強化のため、2023年6月に改正空家対策特措法(※3)を公布。同法は2023年12月13日に施行、さらに2024年4月には相続登記が申請義務化されるなど、行政による空き家対策が強化されている。

改正空家対策特措法は、周囲に悪影響を与える特定空き家の除去推進、管理不全空き家に対する固定資産税の優遇措置の撤廃、空き家等活用促進区域での建替え・用途変更の促進、空き家等管理活用支援法人の指定による自治体担当者の人手・知見不足の解消を主な目的に据えている。

いえらぶGROUPは、強化された空き家対策の実態を探るべく、不動産会社およびエンドユーザー1,294名に対し「空き家に関する調査」を実施した。

改正空家対策特措法を知っている不動産会社は40%未満、都内では30%に届かず

改正空家対策特措法について「知っている」と回答した不動産会社は全体で39.8%であった。都内29.1%、都市圏41.8%、地方圏48.6%と、エリアにより大きく差がある。

法改正のポイントとなる管理不全空き家についても「知っている」との回答は都内20.0%、都市圏35.7%、地方圏32.4%と都内の遅れが目立つ。

「空き家の相談・取引は増えていますか?」という質問に対して「増えている」「どちらかというと増えている」と答えた不動産会社は、地方圏で73.9%、都市圏で60.2%、都内で46.4%と、地方圏で大きく増えている。

業種別にみると売買仲介会社が最も高く、「増えている」と回答した売買仲介会社は72.3%、賃貸管理会社60.0%、賃貸仲介会社51.0%と差があった。

空き家物件の売却相談が増加していると考えられ、改正空家対策特措法の施行後には、さらに相談・取引が増えると予想される。

エンドユーザーに「今後、家族や自分の家が空き家になると思いますか?」とたずねたところ、世代による差が見られた。

都内で「空き家になる」と回答したエンドユーザーは、20代以下で64.7%、30~40代で47.2%、50代以上で38.2%という結果に。「誰かが引き継ぐ」と考えている中高年層に対して、若年層は引き継ぐ意思がないことが分かる。

なお、都市圏で「空き家になる」との回答は、20代以下で63.6%、30~40代で60.3%、50代以上で50.6%、地方圏では20代以下で60.0%、30~40代で63.1%、50代以上で60.6%と都内と比べて大きな差は出ていない。

しかし、年代が上がるほど「空き家にならない」という回答が増える傾向が見られた。

調査概要
調査期間:2023年11月1日(水)~11月12日(日)
調査機関:自社調査
調査対象:不動産会社:「いえらぶCLOUD」を利用している不動産会社の従業員など、エンドユーザー:「いえらぶポータル」利用ユーザーや同社SNSフォロワーなど
有効回答:不動産会社319名、エンドユーザー975名
調査手法:インターネット調査

※1:国土交通省住宅局「空き家政策の現状と課題及び検討の方向性」
※2:株式会社野村総合研究所「2040年の住宅市場と課題」
※3:国土交通省住宅局「空き家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」

関連情報
https://ielove-cloud.jp/blog/entry-04754/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。