小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もしも上場直後にZoomに投資していたら今頃FIREできたのか?

2024.04.13

はじめに

2020年、世界はCOVID-19パンデミックによって大きな変化を迎えました。人々は在宅勤務やオンライン教育に移行し、その結果、ビデオ会議プラットフォームのZoomが急速に普及しました。では、もしもZoomの上場直後に投資していたら、今頃FIREを実現できていたのでしょうか?この記事では、Zoomのビジネスモデルと株価の変遷を振り返りながら解説していきます。

Zoomのビジネスモデル

Zoomは2011年にエリック・ユアンによって設立され、2019年4月にNASDAQに上場しました。Zoomのビジネスモデルは、フリーミアムモデルに基づいています。基本的なビデオ会議機能は無料で利用できますが、より多くの参加者や長時間の会議、高度な機能を利用するには有料プランにアップグレードする必要があります。このモデルにより、多くの個人ユーザーや企業がZoomを試用し、最終的に有料プランに移行することで収益が増加しました。

Zoomのビジネスモデルは、主に以下の収益源から構成されています。

【有料プランの提供】

Zoomは、基本的な機能を無料で提供する一方で、ビジネス向けには月額または年額で有料プランを提供しています。有料プランには、参加者の人数が増える「Pro」プラン、会議時間が無制限になる「Business」プラン、さらに大規模な組織向けの「Enterprise」プランなどがあります。

【Zoom Phone】

Zoomのクラウドベースの電話システムで、従来の電話システムを置き換えることを目的としています。ユーザーは、アプリやデスクトップ端末を通じて、電話番号を使用して通話を行うことができます。

【Zoom Rooms】

会議室専用のソリューションで、ハードウェアとソフトウェアの組み合わせにより、会議室を高品質なビデオ会議スペースに変えることができます。

【Zoom Video Webinars】

大規模なウェビナーを実施するためのプラットフォームで、最大10,000人の視聴者に対応しています。

【Marketplace】

Zoomは、アプリや統合ソリューションを提供するMarketplaceを通じて、サードパーティの開発者や企業と協力しています。

Zoomのビジネスモデルは、パンデミック期間中の急速な成長を支える柔軟性とスケーラビリティを持っています。無料プランによって多くのユーザーを惹きつけ、その中から有料プランへのアップグレードを促すことで収益を増加させています。また、Zoomは継続的に新しい機能やサービスを開発し、市場の需要に応えていることも、その成功の要因の一つです。

Zoomのライバル企業

Zoomの成功に伴い、多くの企業がビデオ会議市場に参入し、競争が激化しています。Zoomの主なライバル企業には以下のようなものがあります。

【Microsoft Teams】

Microsoftの提供する統合コミュニケーションプラットフォームで、ビデオ会議のほか、チャット、ファイル共有、アプリ統合など、多様な機能を提供しています。Office 365のサブスクリプションに含まれているため、企業に広く普及しています。

【Skype for Business】

Microsoftが提供するビジネス向けのコミュニケーションツールで、ビデオ会議のほか、インスタントメッセージングやプレゼンテーションの共有などが可能です。現在はMicrosoft Teamsに統合されつつあります。

【Google Meet】

Googleが提供するビデオ会議サービスで、G Suite(現在はGoogle Workspace)の一部として提供されています。シンプルな操作性とGoogleの他のアプリとの統合が特徴です。

【Cisco Webex】

Ciscoが提供するビデオ会議ソリューションで、企業向けの高度なセキュリティ機能や大規模な会議に対応する機能を備えています。長年の実績と信頼性で知られています。

【GoToMeeting】

LogMeInが提供するビデオ会議サービスで、シンプルな操作性と堅牢なセキュリティ機能を備えています。中小企業から大企業まで幅広い顧客層に利用されています。

これらのライバル企業は、それぞれ独自の機能や特徴を持ち、市場で競争を繰り広げています。Zoomはこうした競合企業との差別化を図るため、ユーザーフレンドリーなインターフェースや高品質なビデオ通信、新機能の迅速な導入などに注力しています。

Zoomの今後の展望や成長の可能性について

Zoomは、パンデミック期間中に急速な成長を遂げましたが、今後も様々な要因により成長が期待されています。

【ハイブリッドワークの普及】

COVID-19パンデミックが収束しても、多くの企業が完全なリモートワークからハイブリッドワーク(オフィスとリモートワークの組み合わせ)へ移行すると予想されています。この新しい働き方は、ビデオ会議ツールへの需要を維持する可能性があります。

【新たな機能とサービスの開発】

Zoomは、ユーザーのニーズに応えるために新たな機能やサービスを開発し続けています。例えば、Zoom EventsやZoom Roomsなどの新しいプロダクトラインは、ビジネスの拡大と収益の増加に貢献する可能性があります。

【グローバルな市場への進出】

Zoomは、北米市場での成功を基盤に、欧州やアジアなどの国際市場への進出を図っています。グローバルな展開により、さらなるユーザーベースの拡大が期待されます。

教育やヘルスケアへの適用: リモート教育やテレヘルスなど、ビデオ会議技術が活用される分野は増えています。Zoomは、これらの分野での利用を促進することで、新たな成長機会を見出すことができるかもしれません。

【セキュリティとプライバシーの強化】

Zoomは、セキュリティとプライバシーに関する懸念を受けて、これらの分野における取り組みを強化しています。セキュリティの向上は、企業や政府機関などの敏感な情報を扱うユーザーからの信頼を得るために重要です。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。