小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2月の消費者物価指数は前年同月比で2.8%上昇、賃金と物価の好循環を生むのに必要なものは?

2024.04.12

総務省が2024年3月22日に発表した2月の消費者物価指数は106.5となり、昨年同月の103.6から2.8%の上昇となった(生鮮食品を除く)。

昨年同月比で価格が上昇した主な品目としては、調理カレー13.8%、フライドチキン(外食)19.2%、牛乳 9.3%、宿泊料33.3%、ペットフード(キャットフード)26.8%、洗濯用洗剤14.2%などがある。

これを受けて三井住友DSアセットマネジメントのチーフマーケットストラテジスト・市川 雅浩氏によるリポートが到着したので、その概要をお伝えする。

国内物価の上昇はコロナの感染拡大やウクライナ情勢に起因

3月22日に発表された2月の消費者物価指数(CPI)では、生鮮食品を除く総合指数(コアCPI)が、前年同月比で2.8%上昇した。

政府による電気・ガス料金の負担軽減策開始から1年が経過し、1年前と比べた物価の押し下げ効果が薄れ、伸び率は4か月ぶりに拡大。

コアCPIは2021年以降、上昇基調をたどっているが、これは新型コロナウイルスの世界的な感染拡大や、ウクライナ情勢に起因したものと考えられる。

コロナの感染拡大により、生産や物流に制約が生じた一方、感染一服後はリベンジ消費が急拡大し、需要に供給が追いつかず、多くの国で物価が上昇した。

また、ロシアのウクライナ侵攻の影響で、原油などエネルギー価格が高騰したことも、物価上昇に拍車をかけた。

エネルギーの8割以上を輸入している日本は、円安の進行も重なり、原油高が輸入物価を押し上げ(図表1)、企業物価に波及し、国内の物価上昇につながった(図表2)。

■期待で物価は上昇しなかったが、今はデフレ脱却の好機。ただ実質賃金はマイナスで消費は低調

なお、日銀の黒田東彦前総裁は、「中央銀行が物価安定に向けた強い意志を示すことが、人々の期待に働きかけ、金融政策の効果を高める」との考え方に基づき、2013年以降、10年にわたって異次元緩和を推進してきた。

しかしながら、結果的に「人々の期待」で2%の物価目標を達成することはできず、実際に物価を押し上げたのは、前述の通り、コロナの感染拡大やウクライナ情勢といった「外生的なショック」だった。

たとえきっかけが外生的なショックであっても、国内物価が明確な上昇基調をたどるようになったことは、日本経済にとってデフレ脱却の好機。

しかしながら、名目賃金の伸びが物価上昇に追いついておらず、4月8日に発表された2月の実質賃金は前年同月比1.3%減少し、23か月連続でマイナス、また、4月5日に発表された2月の実質消費支出(2人以上世帯)は前年同月比0.5%減少し、12か月連続でマイナスとなっている。

■今年の大幅な賃上げ見通しは好材料だが、賃上げ継続には労働生産性の持続的な上昇が必要

こうしたなか、国内では賃上げの機運が高まっており、2024年の平均賃上げ率は、2023年実績の3.58%を上回り、5%を超える見通しだ。

物価の伸びを上回る大幅な賃上げで、実質賃金と消費が増えれば、企業はサービス価格や製品価格に人件費を転嫁しやすくなり、国内物価の持続的・安定的な伸びが期待される。

これが日銀の重視する「物価から賃金、賃金から物価の双方向の好循環」だ。

ただ、実質賃金(時間あたり雇用者報酬)は、「労働生産性」に「労働分配率」をかけたものであるため、例えば労働生産性が上昇しないまま、実質賃金を引き上げようとすると、労働分配率の引き上げが必要となる。

しかしながら、この場合、資本分配率が低下し、企業は成長を維持できなくなってしまう。

したがって、賃上げの継続には、労働生産性の持続的な上昇が必要であり、これが賃金と物価の好循環が実現するための重要な要素と考える。

関連情報
http://www.smd-am.co.jp

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。