小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

依頼が多いハウスクリーニングの掃除場所TOP3、3位浴室・バスルーム、2位キッチン、1位は?

2024.04.13

多忙な日々の中で、ついおろそかになってしまう部屋の掃除。メインの居住スペースであるリビング・寝室などならまだしも、キッチンの換気扇やレンジフードといった細かく手間がかかる箇所は、長らく放置して、汚れがたまりがちという人も少なくないだろう。

そんな人におすすめなのが、清掃のプロが住居内の様々な設備を綺麗にしてくれるサービス「ハウスクリーニング」だが、実際のところ、どんな箇所をクリーニングしてもらうケースが多いのだろうか?

oricon MEはこのほど、実際に『ハウスクリーニング』を利用した1,683人を対象にした利用実態調査を実施し、その結果を発表した。

掃除依頼箇所:「エアコン掃除」が7割以上と最多、つぎに「キッチン」「水回り」がつづく

「ハウスクリーニングで依頼したサービス(複数回答)」について聴取したところ、「エアコンの掃除」が71%と最も依頼率の高いサービスとなった。以下、「キッチン(換気扇・レンジフード)の掃除(41%)」、「浴室・バスルームの掃除(36%)」、「キッチン(コンロ・シンク)の掃除(28%)」と続いた。

一方で、「床・フローリングのワックスがけ(8%)」「玄関の掃除(5%)」は比較的依頼率が低い結果となった。これらの結果から、“エアコンや換気扇の分解洗浄、専用洗剤を使用したシンクや浴室の掃除“といった自分でやるには手間がかかり、専門的な道具や技術を要する箇所ほどプロのクリーニングサービスへの需要が高い傾向にあるといえそうだ。

利用金額:エアコン、トイレ、キッチン、浴室 「10,000円~15,000円」が最多金額

ハウスクリーニングを依頼した際にかかった金額を箇所ごとに聴取した。今回は、掃除箇所別の上位5箇所(「エアコン」「コンロ・シンク」「換気扇・レンジフード」「浴室」「トイレ」)で実際にかかった金額を紹介する。

全体的な傾向としては、どのサービスも「10,000円~15,000円」の価格帯で最も多く利用されていた。一方、『浴室』は20,000円以上で利用している人が14.2%(10.1%と4.1%の合計値)と、5箇所の中で20,000円以上の価格帯の利用割合が最も高い結果となった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。