小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パラリンピック男子テコンドー代表・田中光哉選手インタビュー、パリ大会での得意技「カウンター前足ヤンバル蹴り」に期待

2024.04.11

「勝ちたかった」――

2021年、東京パラリンピック男子テコンドー(61キロ級)に出場しながらも出場選手12人中、9位で最下位(※)だった田中光哉(たなか・みつや)選手は、試合後に悔しさをにじませてそう語っていた。

※棄権選手1名を除く、同列9位が3名

悔しさから3年、田中は再びパラリンピックの舞台に立つ。

田中光哉(たなか・みつや)さん
株式会社電通デジタル所属
1992年生まれ。福岡県久留米市出身。先天性両上肢尺側欠損障害。東京で障害者スポーツ関連の企業で勤務する中、自身も競技に興味を持ち2017年テコンドーを始める。2021年東京パラリンピック男子テコンドー(61キロ級)に出場。2024年パリパラリンピック男子テコンドー(58キロ級)の代表内定選手。

パリでは、一勝もできなかった東京を超える

今年1月、全日本テコンドー協会は田中が男子58キロ級の代表に内定したことを発表した。同協会が定める2024年1月時点での世界ランク6位以内の基準を満たしたためである。

――代表内定の率直な感想を聞かせてください

田中:飛び上がるほど嬉しいなという感じではなかったです。ほどほどに嬉しいなという感じ(笑)。

――意外と冷めているように感じますが、何か理由があるのですか

田中:やっぱり出場が目標じゃありませんから。東京パラリンピックでは1勝もすることができなかった。この3年間、そもそも競技を続けるのかも迷った時期もありました。それでも続ける中で、成長を感じられて結果も出すこと出来ている。

それでもパラリンピックで1勝するのが難しいのは前回の大会で痛感した通りです。いま、ようやくそのスタート地点に立てて安心しているくらいです。

――東京パラリンピックで1勝も挙げることができなかったことについて、今振り返ってみてどのように感じているのでしょうか

田中:東京大会では開催国枠があって、その枠で出場させてもらった。実力的には12人中12位だった。勝てなかったのは仕方なかったと思う反面、1年延期したことでトップ選手との差も縮めるために、最善を尽くしたつもりでした。それでもやっぱり届かなかった。

今回は世界ランクを5位まで高めることができている。だからこそ、次こそは当時果たせなかった「1勝」を目指したい。

東京大会の12位から再起を図る田中選手

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。