小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

音楽ストリーミングの先駆者Spotifyの成長性と意外なライバル

2024.04.09

音楽ストリーミングの先駆者「Spotify」の強みとは

2018年4月3日、音楽ストリーミングサービスのパイオニアであるSpotifyはニューヨーク証券取引所に上場し、世界中の投資家から注目を集めました。

では、もしも上場直後にSpotifyに投資していたら、現在FIREを実現できていたのでしょうか。

本記事では、Spotifyのビジネスモデルと株価の変遷を振り返りながら、その答えを探ります。

Spotifyのビジネスモデル

Spotifyは、2008年にスウェーデンで設立された音楽ストリーミングサービスです。無料プランと有料プランを提供し、利用者は1億曲以上にアクセスできます。収益は主に有料会員からの定額制料金と、無料プラン利用者を対象とした広告収入で構成されています。

上場時点で、Spotifyは既に世界最大の音楽ストリーミングプラットフォームとしての地位を確立しており、その成長性とビジネスモデルは投資家にとって魅力的でした。

その主な理由は下記のとおりです。

【市場のリーダー】
Spotifyは世界最大の音楽ストリーミングサービスであり、上場時点で数千万の有料会員を抱えていました。この強固な市場地位は、長期的な成長を支える重要な要素です。

【グローバル展開】
Spotifyは世界中でサービスを展開しており、多様な市場での成長機会を持っています。新興市場への進出や地域ごとのマーケティング戦略が、さらなる成長を促進しています。

【技術革新】
音楽の推薦アルゴリズムやユーザーエクスペリエンスの改善により、利用者の満足度とエンゲージメントを高めています。これにより、有料会員の増加と利用者の定着率向上が期待できます。

【サブスクリプションモデル】
Spotifyの有料プランはサブスクリプションモデルであり、安定した収益を生み出します。定期的な収入は、事業の持続的な成長と収益性の向上に寄与します。

【コンテンツの多様化】
音楽だけでなく、ポッドキャストやオーディオブックなど、様々なコンテンツを提供することで、ユーザーベースを拡大し、異なる収益源を確保しています。

これらの成長性とビジネスモデルの特徴が、Spotifyを魅力的な投資対象としています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。