小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜ、ビールブランドのハイネケンがeスポーツの大会を主催しているのか?

2024.04.08

4月4日、ハイネケンが主催するeスポーツ大会「Player 0.0」の国内大会「Japanese Player 0.0 Final」が開催された。競技タイトルはF1公式ゲーム『EA SPORTS™ F1 23』。

本大会の優勝者には、日本代表として今年12月に開催される世界大会「Player 0.0 International Final 2024」への出場権が与えられる。世界大会には20か国以上で開催されるローカル大会の優勝者と、過去3度F1ワールドチャンピオンに輝いているマックス・フェルスタッペン選手が参加する予定となっている。

ハイネケンがeスポーツ大会を主催するのは初めての試みだ。また、ビールメーカーがeスポーツ大会を開催すること自体も珍しい。

アルコール飲料は判断力を低下させる。瞬発的そして的確な判断、緻密な操作が要求されるeスポーツにおいて、アルコール飲料との親和性は感じられない。

ハイネケンの発表から、その理由を迫っていく。

4月4日、「Japanese Player 0.0 Final」のメディア発表会にはF1好きで知られるマギーさんも登壇した

世界で最も売れているノンアルコールビール「ハイネケンゼロゼロ」

140年以上の歴史を持ちアムステルダムに本社を置くハイネケンは、世界で最もインターナショナルなビールメーカーの一つである。

ハイネケンは348のブランド持っているが、中でも1873年に誕生したハイネケンの象徴でもある「ハイネケンオリジナル」は190か国以上で展開し、日本人にも愛されているビールである。

ハイネケンのブランドの中でも今注目なのが「ハイネケンゼロゼロ」だ。世界114か国で販売されており、日本でも2023年10月にローンチしている。「ハイネケンゼロゼロ」は世界で最も売れているノンアルコールビールでもある。

多くのブランドを抱えるハイネケンの2023年の世界販売量は563万キロリットル。日本国内の1年間の全体ビール消費量は366万キロリットル、ハイネケンがいかに国際的なビールブランドとして確立されているかが分かる。

ハイネケンの完全子会社として昨年設立されたハイネケン・ジャパンとしては2025年までの日本国内のノンアルコールビール市場の5%まで拡大することを目指している。

日本では2023年10月に発売。日本のノンアルビール市場を狙う

レースゲームでもノンアルを推奨?

ノンアルコールビールのシェア拡大と同じく、ハイネケンが力を入れているのが「適正飲酒啓蒙活動」だ。「When You Drive, Never Drink(お酒を飲む日は、乗らない日)」という飲酒運転撲滅キャンペーンもその一つ。ハイネケンではこうした啓蒙活動に年間広告費の1割以上も投じている。

「Player 0.0」はこうした啓蒙活動の一環として、ハイネケンが主催するeスポーツ大会である。ハイネケン・ジャパンのブランドマネージャー・森下さんは次のように言う。

「我々はお酒を販売する企業として、社会的責任として適正飲酒を訴える必要があると考えています。私たちが考えるベストドライバーとはただ速いだけではなく、最も安全に走る人、そう考えます。

私たちは『Player 0.0』のキャンペーン、エンターテインメントを通じて適正飲酒、そして飲酒運転撲滅に貢献していきたいと考えています」

実生活にだけでなく、eスポーツにおいても飲酒運転をせずに常に安全運転を心がけてほしい。「Player 0.0」が取り組むeスポーツとノンアルコールビールの掛け合わせは、その思いから生まれているのであろう。

また、同社は拡大するeスポーツ市場を通じた若年層へのノンアルコールビールのカルチャーの拡大にも期待を寄せている。

「eスポーツはハイネケンにとっても新しいチャレンジにもなります。eスポーツ市場を世界レベルで見ると、全世界で若い人を中心に爆発的に成長しています。

日本市場でもeスポーツファン層は770万人強と言われており、毎年その人口は増えている。野球やサッカーといったスポーツと比べてしまうとまだ決して大きいとは言えませんが、今後日本でも確実に成長するマーケットと捉えています。

ハイネケンは若い世代に支持されるビールブランドというブランドポジションを確立するためにeスポーツ×ブランド体験の場をこれからも開発していきたい」(森下さん)

「若年層に支持」という共通点?

老舗ビールメーカーでありながら、ハイネケンは若年層の人気が高いブランドである。同社が調べたブランドパワーでは、20~35歳のブランドパワースコアは全世代のスコアよりも64%高く、なんとハイネケンの飲用者の37%が20~30代だという。

若年層に支持されるハイネケンと、若年層に人気のあるeスポーツの相性はよさそうに思える。そこにeスポーツと相性にいいノンアルコールビール(少なくともアルコール飲料よりも)。だからこそハイネケンはノンアルコールビール市場世界ナンバーワンの売上の「ハイネケンゼロゼロ」を武器に、新たな市場へのチャレンジを開始したのだろう。

「Player 0.0」だけでなく、ハイネケンは昨年、FPSゲーム『VALORANT』の北米リーグ「VALORANT Champions Tour Americas」ともスポンサー契約を締結している。

ノンアルコールビール、そしてハイネケンがeスポーツ界隈に受け入れられるのか、これからに注目しいところである。

取材・文/峯亮佑

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。