小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

女性200人に聞いた「浮気」の判断基準、3位キスをしたら、2位好きという気持ちがあれば、1位は?

2024.04.09

株式会社しんげんは同社が運営する主婦向けの情報メディア「SHUFUFU」において、「浮気」に関するアンケート調査を実施。結果をグラフにまとめて発表した。

半数超が「パートナーに浮気をされた経験あり」と回答

これまでパートナーに浮気をされた経験はありますか?の問いに対して「ない(55.5%)」「ある(44.5%)」という結果になった。浮気されたことがある人とない人で、それぞれ約50%ということになる。

■浮気の判断材料は「体の関係」の有無

パートナーの行動で浮気だと判断するものに関しては1位「体の関係をもったら(79.5%)」、2位「好きという気持ちがあったら(72.5%)」、3位「キスをしたら(72%)」だった。

「ボディタッチ(20%)」や「LINEや電話で連絡(19.5%)」までは、比較的許容されやすいボーダーラインになっているようだ。

■浮気をされたら今後は「話し合いで決める」

「もしも浮気をされたらどうしますか」と質問したところ、1位は「話し合って決める(47%)」、2位「理由を問わず別れる(32%)」という結果になった。

女性の3人に1人はどんな理由であれ、相手と別れるということだ。

■上記の行動を選んだ理由は?

<1位:話し合って決める>

・問題点を明らかにして、その後の人生にとって一番よい方法を模索したいため(30代女性)
・一応言い分を聞かないとモヤモヤするので(20代女性)
・どういう理由で浮気したかにもよるので、相手に聞きたい。相手から誘われて誘惑に負けたのか、私に気持ちがなくなってしまったからなのか、工作屋の仕業なのか、とにかく理由を聞き対処したい。(40代女性)

<2位:理由を問わず別れる>

・一回されたらもう信用出来ないから(30代女性)
・自分以外の女性と関係をもっているのが悲しくて我慢出来ないから。(20代女性)
・失った信頼は取り戻すことは出来ないし、関係性が変化してしまうので浮気以前と同じように付き合いを続けることは出来ないと思うからです。(40代女性)

<3位:1回だけなら許す>

・1回目は大目にみますが2回目の時は相手の判断に委ねます。今後どうしていきたいのか。(30代女性)
・男性は浮気をする生き物だと思って結婚したので、一度ならまあ気の迷いとか、自分にも落ち度があったのではと言った事で許せるから。(50代~女性)
・誰でも間違ってしまうことはあるので1回は許そうと思います。(40代女性)

<4位:自分も浮気する>

・一緒にいて楽しいので別れはしないと思うが、もう異性としては論外なので自分も浮気する。(30代女性)
・同じ気持ちを味わえばいいと思う(30代女性)
・楽しんでいるなら私も楽しみたいからです。(40代女性)

<5位:金銭的に不満はないので別れない>

・結婚生活も長いし夫は堅物なので全く浮気とはかけ離れた人であるので一回くらいしてもいいんからとちがうと思ったことすらある。生活費をきちんとくれておれば何とか許すことはできるのではないかと思う。家にお金を入れない、相手の女性につぎ込むとなると話はべつである。(50代~女性)
・今は既婚+乳児がいるのですぐに離れるのは難しいのでATMにさせてもらう。もちろん義実家にも全部チクる。(30代女性)
・婚姻関係であれば相手に慰謝料を要求できるので、相手はとことん追い詰める。パートナーに関しては、金銭面で不満はないため許す。(30代女性)

調査概要
調査方法/インターネット調査
調査機関/自社調査
調査人数/200人
対象者/成人女性
調査性別/女性200人
調査年代/20代:48人、30代:83人、40代:52人、50代以上:17人
調査時期/2024年3月

関連情報
https://shufufu.net/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。