小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

デビットカードのメリット、3位現金がなくても利用できる、2位使いすぎの心配がない、1位は?

2024.04.05

物価高が家計を圧迫する現在、人々は毎日の生活においてどのような悩みを抱えているのだろうか。

Visaは、マクロミルに委託し、15-69歳の男女3709人を対象に「お金の管理とウェルビーイングに関する調査」を実施。生活の悩みや、Visaデビットの利用がどのように私たちの日常生活と金融に関する習慣に影響を与えているか明らかにしたので、詳細をお伝えしよう。

管理がラクに、さらに貯金増額にも影響!調査で見えたお金の悩みとVisaデビットによる意識と行動変化

物価高に賃金上昇が追いついておらず実質賃金が低下しているという経済状況下、15~69歳の人(n=1,545) の60%が生活の主な悩みとして「お金」が挙げられていた。具体的な悩みとしては「収入が少ない」「将来に向けた蓄えがない」などがみられる。

「無駄な買い物をしてしまう」は社会人3年目が49.1%、大学生が48%という結果に。「好きなことに使うお金が足りない」と感じている人も社会人3年目が66.7%、大学生が65.9%と多く、日常生活の出費に関連した悩みが深刻であることが明らかになった。

半数以上が「お金の管理が面倒」と感じていた。特に20代の若者、大学生や社会人3年目の間ではその感覚が強く、大学生の58.3%がお金の管理を苦手と感じているようだ。

お金管理の理想の方法を質問したところ、83%の人が「利用明細がスマホ/ウェブで確認できる」、80.1%の人が「カードを使用したら即時通知が届き不正利用を防げる」を挙げた。

全年代を通じ「細かい支出か即時に口座に反映されてアプリやウェブですぐに確認できる」は大学生の92.3%が最多。次に多いのが社会人3年目の91.7%であった。

「銀行口座にある金額しか使えない」は社会人3年目の81.2%が回答と最多。大学生、社会人3年目という若年層に需要のある機能であることが分かる。

また、Visaデビットを利用後、どのようにお金の管理に関して変化があったか、意識と行動変化についても調査した。

「意識の変化」では、「収支を気にするようになった」「お金管理の意識が高くなった」という声が多く、特に20代、大学生という、若年の意識変化が大きいことが判明。

「行動の変化」では、「収支の管理がしやすくなった」が質問項目中で最も多い71.7%。中でも大学生は83.3%と、全世代の中で最も高く、続いて20代が82.8%と、Visaデビット利用で収支の管理がしやすくなるのは大学生や20代という若年層に多いことがわかった。

「利用明細を見る頻度が増えた」は、全世代で2番目に多く、特に社会人3年目は79%と、全世代で最多に。

Visaデビット利用で意識と行動の変化が起こったという回答が出ていたが、これは具体的にはVisaデビットのどのような機能だったのだろうか。

「計画的な支出や貯蓄を行う上で、以下のデビットカードの特徴のうち、プラスに働いているものをそれぞれお選びください」と質問したところ、「使う度、即時に預金口座から引き落とされる」機能が全体で75.8%と最多。

「利用可能範囲は預金口座の範囲内(使い過ぎの心配がない)」機能も49.3%とおよそ半数が支持していた。

Visaデビットの利用者は、全体と比較して貯蓄に回せる金額が多いことが明らかに。

特に、Visaデビットの利用開始により、社会人3年目の貯蓄は1万60円増加し、収入が比較的低い大学生でも8,119円の増加が見られた。

まとめ

今回の調査結果から、「お金」が最大の悩みであり、その管理が面倒と感じる人が多く、理想的なお金の管理方法は、スマホやウェブで手軽に確認できることであった。

一方で、Visaデビット利用者に使用後変化を聞くと、意識面では「収支を気にするようになった」、行動面では「収支の管理がしやすくなった」「利用明細を見る頻度が増えた」という変化が起きていた。特に大学生や社会人3年目、20代でこの変化は大きいものであった。

Visaでは、皆様の日々の生活の中で、とりわけ、新生活の始まるこの時期に、Visaデビットを使ってもらうことで、より多く消費者の人たちにお金の管理を少しでも楽に生活に取り入れてもいたいと考えているとのこと。

調査概要
調査委託先:マクロミル
調査対象者:
調査1 全国の18-69歳の男女3,709人
調査2 全国の18-69歳の男女3,708人
調査実施期間:
調査1  2023年12月26日~2023年12月28日
調査2  2024年02月05日~2024年02月06日

関連情報
https://www.visa.co.jp/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。