小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

みんなが選んだ温泉地番付、西の横綱は別府温泉郷、東の横綱は?

2024.03.22

日本全国にある温泉地や温泉旅館のうち、最も支持されている場所・施設はいったいどこなのだろうか?

ビッグローブはこのほど、旅行比較サイト・アプリ「BIGLOBE旅行」(注1)において、「第15回 みんなで選ぶ 温泉大賞」の結果を発表した。

本企画は、ユーザーの投票により東日本エリア、西日本エリアの人気の温泉地や宿泊施設を紹介するものだ。さらに、新型コロナウイルス感染症が5類に移行したことに伴う観光需要の変化や旅行者の旅に対する考え方の変化に注目し、「今行きたい泊まりたい温泉旅館・ホテル」もあわせて発表する。

温泉地部門では草津と別府温泉郷、「今行きたい泊まりたい温泉旅館・ホテル」は 石川県 加賀屋が1位

温泉地部門において、東の横綱は15年連続で草津温泉(群馬県)、西の横綱は8年連続で別府温泉郷(大分県)となった。旅館・ホテル部門では、東は鬼怒川温泉 あさや(栃木県)が、今回も首位の座を守り6年連続、西は神戸みなと温泉 蓮(兵庫県)が3年連続で横綱の座を守った。

今回から新設した「今行きたい泊まりたい温泉旅館・ホテル」では和倉温泉 加賀屋(石川県)が1位となった。今年1月に発生した令和6年能登半島地震で大きな影響を受け、現在営業再開をしていない状態だが、一度は泊まってみたい宿、再開したら訪れたい、応援・支援したいというコメントが多く集まり1位となった。

■温泉番付[温泉地部門]

別府温泉郷(大分県)は「もくもくと湯気がたつ景色は日本でもなかなか見られないと思います。ボコボコ湧き出る温泉、エメラルドグリーンの温泉、など見てると自然の雄大さも同時に感じることが出来ました。」「温泉の質が様々あり、足湯、蒸し風呂など気軽に入れて種類も多く楽しかった。」といったコメントが集まった。

また、草津温泉(群馬県)は「ザ温泉街! 硫黄の香り、ピリピリした泉質、寒い冬に訪れましたが最高でした。」「湯畑は昼の迫力も良いのですが、夜はライトアップされるため幻想的な姿がいい」など多くのコメントが集まった。

■温泉番付[旅館・ホテル部門]

旅館・ホテル部門は、昨年に続き、東は鬼怒川温泉 あさや(栃木県・鬼怒川温泉)が、西は神戸みなと温泉 蓮(兵庫県・神戸みなと温泉)が横綱となった。

神戸みなと温泉 蓮は「都会なのに温泉の数の多さにびっくり、飽きないよう工夫された露天風呂を堪能した。部屋で海辺の夜景を見ながら上質な時間が過ごせた。」など、あさやは「ビュッフェが朝も夜も素晴らしい。季節ごとにフェアをやるので、いつ行っても新鮮に楽しめるのも嬉しい!」などの意見が多数集まった。

■今行きたい泊まりたい温泉旅館・ホテル

今回新設した「今行きたい泊まりたい温泉旅館・ホテル」はコロナ禍を経て控えていた旅行ができるようになって、どのような宿泊施設に行きたいかを集計した。

加賀屋は「日本一の宿に泊まってみたいとずっと思っていた。地震でしばらくは叶わないと思いますが、いつか行ってみたいです。」また星野リゾートブランドの施設への投票も多く「星野リゾートに泊まったことがないので一度は泊まってみたいです。」のようなブランドへの信頼、憧れもあるようだ。

■温泉番付 [満足度ランキング(1位)]

■温泉番付[エリア別ランキング(1位)]

東北エリアの星野リゾート 青森屋(青森県・古牧温泉)が、一昨年以来の1位に返り咲いた。

(注1)
楽天トラベル、JTBなど、大手宿泊予約サイト16社が提供する、450万件以上の国内ホテル・旅館の宿泊プランを比較できる無料のWEBサイトならびにアプリ。

iPhone版
Android(TM)版

(注2)
箱根温泉郷は17湯、別府温泉郷は8湯をまとめた値。

<第15回 みんなで選ぶ 温泉大賞>
投票期間:2023年12月6日(水)10時 ~ 2024年2月14日(水)15時
投票内容:今まで訪れた中で一番良かった温泉地、温泉宿、その宿の満足度に関しての投票を実施。今回新設の今行きたい泊まりたい温泉地施設
有効投票総数:6,771票
表彰部門:
・温泉番付 温泉地部門
・温泉番付 旅館・ホテル部門
・「今行きたい泊まりたい温泉旅館・ホテル」
・温泉番付 エリア別ランキング
・温泉番付 満足度ランキング

出典元:ビッグローブ株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。