小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ケーキの端っこまでムダにしない!高級ホテルが取り組む食品ロス対策から人気商品が続々誕生

2024.03.21

農林水産省が2023年に発表した最新の食品ロス量は523万トン、そのうち事業系では279万トン(2021年度推計値)。523万トンの食品ロスを国民1人当たりに換算すると、1日茶碗約1杯のご飯を捨てていることとなる。

ただし、過去と比べると食品ロス量は減少傾向となっており、中でもレストランや宴会などで食品ロスを招きやすい「ホテル」は各社さまざまな取り組みを進めている。今回は東京のラグジュアリーホテルの、独自性のある食品ロス対策事例を3つ紹介したい。

1.午前中で売り切れる注目商品に。パレスホテル東京「端っこロール」

パレスホテル東京 ペストリーショップ スイーツ&デリ「端っこロール(900円)」。

パレスホテル東京で今注目を集めているのが、食品ロス対策の結果生まれた「端っこロール」。これは1カット1,150円の「プレミアム ショートケーキ」製造時にどうしても生まれてしまう「切れ端」を薄いスポンジで巻き、クリームといちごでデコレーションしたロールケーキだ。

ボリュームとしてはプレミアム ショートケーキの倍以上の大きさで、プレミアム ショートケーキと同じいちご・スポンジ・生クリームを使用。それにも関わらず買いやすい価格ということもあり、現在は午前中でほぼ売り切れる人気商品となっている。消費者は食品ロス削減に協力しながら、お得感を得ることができる。

端っこロールの元となる、「プレミアム ショートケーキ(1,150円)」。

ただ、「端っこロール」は最初から人気商品となったわけではない。2021年6月の販売当初は、売れ行きが芳しくなかったため、“ある工夫”を施したと、パレスホテル東京 ベーカリー&ペストリー課 統括シェフの窪田 修己さんは話す。

窪田さん「食品ロスを減らすため生まれたという成り立ちと、商品の紹介をPOPにして店頭に置いたところ、午前中で売り切れる人気商品になりました。購入されるお客様は商品の裏に隠されたコンセプトや、環境配慮の想いに賛同くださっているのだと感じております」

リピーターの中には複数点購入する人もいるのが特徴で、ペストリーショップ スイーツ&デリ マネジャーの井上 大輔さんによると「2週間に一度、6~8点購入し、ご自身のお客様にお配りする方もいらっしゃいます」とのこと。ビジネスパーソンにとっても、今の時代に即したストーリー性のある商品は顧客に話しやすく、手土産として最適だろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。