小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ヤマハがトルクフルで軽量なエンジンと最新の制御技術を搭載したロードスポーツ「MT-09 ABS」をマイナーチェンジ

2024.03.17

ヤマハ発動機販売は、”クロスプレーン・コンセプト”に基づく水冷・4ストローク・DOHC・888ccエンジンを搭載したロードスポーツ「MT-09 ABS」をマイナーチェンジし、2024年4月17日に発売することを発表した。

なお、このクロスプレーン・コンセプトとは、慣性トルクが少なく、燃焼室のみで生み出される燃焼トルクだけを効率良く引き出す設計思想のこと。

今回の「MT-09 ABS」は、”The Knight Horse(騎馬)”をコンセプトに開発し、従来からのトルク&アジャイルな”The Rodeo Master”の乗り味をより洗練させた。この新しい乗り味は、ライディングポジションの一新とボディ関連のリセッティングによるもので、街中での”アジャイルさ”と、峠道での”旋回性&スタビリティ”を両立させた。

さらに「MT-09 ABS」は、軽く自在に操れる車体に、トルクフルで軽量なエンジンと最新の各種制御を搭載。サウンドデザインを施した吸排気系と相まって、多様なシーンで俊敏かつ力強い走りを楽しめるモデルとなっている。なお上級仕様の「MT-09 SP ABS」は、2024年夏頃のリリースを予定している。

スポーツライディングが楽しめる新ライディングポジション

この「MT-09 ABS」は、幅広いスピードレンジでの安定感と接地感を追求し、ライディングポジションを変更した。従来比ではわずかに”前傾&バックステップ調”とし、フロント荷重を活かしたスポーティな走りの楽しさを支える。

ハンドル位置は下方へ約3.4cm、フットレスト位置は後方へ約3cm、かつ上方へ約1cm移した。これにより、車体への入力がしやすくなり、街中での俊敏な走行からワインディングでの滑らかなコーナリングまで、さまざまな走行環境での自由度を広げた。

なお、ハンドルバーとステップはそれぞれ2パターンの位置調整が可能となっている。さらにクラッチレバーは完全新作とし、アジャスター機構を追加、全14段階で位置調整ができる。加えて形状やタッチにもこだわり、質感も高めている。

ポジション変更に伴う車体剛性バランスの見直し

ライディングポジションの変更に伴い、エンジン懸架ブラケットの形状と肉厚を変更し、ボディ剛性が向上。これにより、より幅広いスピードレンジでの入力に対する応答性が向上し、リニアなハンドリングを支える。一方、メインスイッチ周りの剛性は抑える方向でチューニングし、MTシリーズならではの俊敏なハンドリングを保持している。

あわせて、フロントサスペンションのバネレートを高めることで、スポーツ走行時の安心感を向上。また、荷重が少ない時でもストローク量が感じられるよう減衰特性をリセッティングし、乗り心地の良さも維持した。同時にリアアームのリンクの設計も変更。コーナリング中の車体姿勢/荷重配分をそれぞれ最適化し、スロットルで車体を操るフィーリングをより向上させた。

なお、リアフレームも新設計し、新たな各種電装部品の搭載スペース確保、テール周りのショートオーバーハング化、剛性の最適化による安定感向上、ライダーの足つき性向上を図った。

吸気サウンドを強調したサウンドデザイン

今回のマイナーチェンジでは、トルク感と加速感を際立たせるため、高速・高回転域での吸気音を強調した。従来の3本吸気ダクトに替え、今回は2本の吸気ダクトとし、高周波サウンドを演出。エンジン回転の滑らかな上昇感が楽しめるようになっている。また、エアクリーナーボックスカバーには、音の響きを強調する「アコースティック・アンプリファイア・グリル」と呼ぶ開口部を設け、吸気サウンドがダイレクトにライダーへ届くようにし、高揚感を演出している。

鋭いエッジのスチール製燃料タンク

新たな製法「高意匠プレス成形」にて燃料タンクを形成。車両との一体感を高めるニーグリップ形状に、MTの世界観を際立たせる鋭いエッジのキャラクターラインを実現した。燃料タンクの容量は維持しながら全高を抑えたことで、ハンドル切れ角が従来の28度から32度へと片側4度ずつ増え、低速時における取り回しや押し歩きが行いやすくなっている。

また、前後一体型だったシートを、ライダー側とパッセンジャー側で独立した別体型に刷新。脱着の利便性と質感の向上を図った。あわせて、タンクと重なる部分のシート前端の反り上がりを廃止することで、ライダーが前後に移動する際の自由度が高くなったほか、くびれ部分を左右各6mmずつスリム化することで、足つき性や乗降性も向上した。

YRCやクルーズコントロールなど走行支援テクノロジー搭載

ライダーが自身の好みや路面状況にあわせて、エンジンの出力特性や各種電子デバイスの介入度を選択できる機能「YRC(Yamaha Ride Control)」を搭載。あらかじめプリセットされた3種のパターン(SPORT/STREET/RAIN)と2種のカスタマイズ枠(CUSTOM1と2)から、シーンに応じてモード選択が可能となっている。

なおクイックシフターは、加速中のシフトアップと減速中のシフトダウンはもちろん、加速中のシフトダウン、または減速中のシフトアップにも対応する「第3世代QSS(クイックシフトシステム)」を採用。また、従来「MT-09 SP」のみの設定であった「クルーズコントロールシステム」も搭載した(ギア3速以上・時速約40km以上での走行時にセット可)。加えて、滑りやすい路面での原則時やシフトダウン時のスリップやロックを抑制するBSR(バックスリップレギュレータ)を新たに搭載した。

ナビ画面に対応する5インチフルカラーTFTメーター搭載

5インチTFTメーターを採用した。速度やデジタルバーによるタコメーターの他、燃料計、平均燃費、水温計、気温計、シフトインジケーターなどの表示機能を搭載。各機能の情報操作、セレクトはハンドルスイッチの操作で行なう。表示パターンは、4種から選択可能となっている。

また、専用アプリ「Y-connect(Yamaha Motorcycle Connect)」をインストールしたスマートフォンと車両を接続し、手元でYRCのセッティングを行ったり、さまざまな情報や画像をメーターに表示できる。これにより車両の管理、電話やメールの着信通知など、多様なコンテンツが利用できる。

さらに「Garmin StreetCross」アプリをスマートフォンにインストールし、車両とペアリングすることによって、メーター画面上でナビゲーション機能も使用できる。

野性と知性が調和した新世代のMTデザイン

2014年の誕生から10周年の節目を迎えた「MT-09」は、原点に立ち返り、知性とスタイリッシュさを兼ね備えた次世代MTとしてのデザインを追求した。初代から受け継がれてきた「トルク&アジャイル」の圧倒的な力強さと、軽やかなハンドリングを体現したボディデザイン、洗練された機能美を表現したフロントマスク、そして塗装のクオリティやワイヤーの取りまわし、ホーンの位置、ステップの締結方法に電装部品の設置場所と、細部まで徹底的に磨き上げている。

なおヘッドランプには、新設計の小径LEDを採用し、車両との一体感や塊感を演出。テールランプも新デザイン形状&レンズ色分けにより、イメージを一新。アウターレンズを上下に分割し、上側を赤、下側をスモークにすることで縦幅を細く見せている。

便利な機能・装備

今回、新たに以下のような機能・装備を採用している。
・シート下にUSB Type-Cソケット
・直感的に操作可能な新設計ハンドルスイッチ
・新機能を搭載したフラッシャー(従来からの左右方向指示とハザード時の点滅機能に「二段階フラッシャー機能」「エマージェンシー機能」「消し忘れ機能」を新追加)
・デザインを一新し、可視範囲形状を拡大したミラー

商品詳細

【カラー】


ダークブルーイッシュグレーメタリック8(ダークグレー)

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)

【販売計画】

500台(年間・国内)

【メーカー希望小売価格】

1,254,000円(税込)

関連情報:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/mt-09/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。