小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「終活」をしようと思ったきっかけ、20代は「生涯独身だろうと思った」、30代は「子供ができた」がトップ

2024.03.18

人生の最期を迎えるにあたって行う様々な活動を指す「終活」。「人生の終わりのための活動」の略称であるが、最近ではSNSのデータや各種サービスのIDやパスワードの管理など、活動の内容にも変化がみられる。

楽天インサイトは、2024年1月19日(金)~1月21日(日)の3日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)の中から、全国の20~69歳の男女1,000人を対象に「終活に関する調査」を実施。

今回は、「終活」を実施する理由やきっかけ、「デジタル遺品」(※)の認知率などの昨年の調査からの変化に加え、「終活」について相談したい人について新たに調査したので、詳細をお伝えしよう。

(※)本調査における「デジタル遺品」とは、故人が生前に利用していたパソコンやスマートフォンに保存されたデータや、SNSのアカウント、ネット銀行などウェブ上に保存されたデータのことを指す。

「終活」の実施意向がある人は約7割で、昨年からほぼ横ばい

「終活」の実施状況を聞いたところ、「意向あり」計(「実施している」(6.3%)、「近いうちに始める予定」(6.2%)、「予定はないが、時期が来たら始めたい」(57.3%)の合計)は69.8%で、昨年1月実施の同調査と比較してほぼ横ばいの結果となった(昨年:71.8%)。

また、「意向あり」計は昨年と同様に男性より女性の方が高い傾向がみられ(男性:64.3%、女性:75.4%)、男女ともに年代が上がるにつれて高かった。

特に女性60代は全体と比較して、「近いうちに始める予定」(60代:19.0%、全体:6.2%)が約13ポイント高く、「実施している」(60代:16.0%、全体:6.3%)も約10ポイント高い結果に。

「終活」で今後する予定があること、興味があることを複数回答で聞いたところ、「家の中の荷物整理」が46.8%でトップとなり、「財産整理」(32.2%)、「パソコンやスマートフォンなどのデータ整理」(27.5%)が続いた。

性別でみると、男性よりも女性の方が「家の中の荷物整理」と答えた人の割合が約18ポイント高く(男性:37.3%、女性:55.1%)、「エンディングノート・遺書の作成」(法的効力はないが、意思を伝えられるものの作成)は約10ポイント高かい結果に(男性:18.2%、女性:27.8%)。

一方、「財産整理」は女性より男性の方が10ポイント以上高く、男性ではトップだった(男性:37.7%、女性:27.5%)。

「終活」をする・したい理由は、すべての年代で「家族に迷惑をかけたくないから」がトップ

「終活」をする・したい理由について聞いたところ、「家族に迷惑をかけたくないから」(60.2%)が最も多く、次いで「病気や怪我、老化などで寝たきりになった場合に備えるため」(26.9%)、「自分の人生の棚卸し、整理をしたいから」(22.5%)となり、昨年と同様の順位であった。

全年代でトップは、「家族に迷惑をかけたくないから」(20代:50.0%、30代:59.3%、40代:61.5%、50代:60.5%、60代:63.8%)だった。

年代別でみると、「自分の人生の終わり方は自分で決めたいから」が30代で2位(23.9%)、20代で3位(27.6%)にランクインしたほか、40代以上では「病気や怪我、老化などで寝たきりになった場合に備えるため」(40代:26.7%、50代:30.8%、60代:28.2%)が2位となり、年代によって理由に違いがみられた。

性別でみると、「家族に迷惑をかけたくないから」は、女性が男性よりも約10ポイント高くなっている(男性:54.9%、女性:64.7%)。

性年代別でみると、男女ともに20代は「自分の人生の終わり方は自分で決めたいから」(男性:27.8%、女性:27.5%、全体:21.1%)、「後に何も遺したくないから」(男性:27.8%、女性:30.0%、全体:18.6%)、30代では「これからの自分の人生をより良くするため」(男性:18.9%、女性:18.3%、全体:12.5%)、「話題になっていて興味を持ったから」(男性:9.4%、女性:8.3%、全体:3.3%)が全体より5ポイント以上高い結果に。

「終活」をする・したいと思ったきっかけを聞いたところ、「自分の健康に不安を感じたこと」(20.8%)が最も多かった。

年代別でみると、20代は「生涯独身だろうと思ったこと」(17.1%)、30代は「子どもができたこと」(23.0%)、40代・60代は「自分の健康に不安を感じたこと」(40代:22.4%、60代:28.2%)、50代は「家族や大切な人が亡くなったこと」(25.4%)がそれぞれトップとなり、年代ごとに違いがみられた。

また、20代~40代では「テレビなどのメディアやSNSで見聞きしたこと」(20代:14.5%、30代:19.5%、40代:17.4%)が2位にランクイン。

「終活」に対する考え方について聞いたところ、「終活は家族に迷惑をかけないために必要なことである」という項目に「そう思う」計(「とてもそう思う」(34.3%)と「ややそう思う」(37.2%)の合計)と答えた人が71.5%と最多。

次いで「終活は手間がかかり、面倒に感じる」(52.5%)、「終活をすることで将来の不安が解消されると思う」(43.1%)という項目に「そう思う」と答えた人が多かった。

性年代別でみると、女性20代・30代では「SNSなどの投稿は定期的に整理(削除等)をしたい」(20代:50.6%、30代:51.1%、全体:37.7%)、女性40代・50代では「終活は家族に迷惑をかけないために必要なことである」(40代:83.2%、50代:83.3%、全体:71.5%)、「終活をすることで将来の不安が解消されると思う」(40代:55.8%、50代:55.3%、全体:43.1%)が全体に比べ10ポイント以上高い結果に。

「デジタル遺品」の認知率は50.6%!メッセージアプリやSNSの投稿の扱いは?

故人が遺したデジタルデータやSNSアカウントなどの「デジタル遺品」について聞いたところ、「認知」計(「知っている」(17.5%)と「聞いたことはあるが、よく知らない」(33.1%)の合計)は50.6%で、昨年より3.4ポイント高い結果となった(昨年:47.2%)。

性年代別でみると、女性50代・60代では「認知」計(女性50代:63.2%、女性60代:64.0%、全体:50.6%)が全体と比較して10ポイント以上高い結果に。

「デジタル遺品」のデータ整理について実施状況を聞いたところ、「実施意向あり」計(「取り組んだ(すでに完了した)」「取り組んでいる最中(まだ終わっていない)」と「いつかやろうと思っていた(まだ何もしていない)」の合計)のトップは「各種アカウントのID/パスワードの整理」(48.8%)で、「パソコンやスマートフォンなどに保存されている写真データの整理」(48.3%)が続いた。

各SNSサービスの利用者に、メッセージアプリやSNSの投稿を遺したいか・削除したいかを聞いたところ、すべての項目で「すべて削除したい」が半数以上となった。

最も多かったのは「TikTokの投稿」(67.2%)で、「YouTubeチャンネルの投稿」(63.4%)、「X(旧Twitter)の投稿」(62.7%)が続く。

最後に「終活」について相談したい人について聞いたところ、「配偶者・パートナー」(32.2%)が最も多く、次いで「子ども」(17.9%)、「友人・知人」(14.5%)、「専門家やアドバイザー」(14.2%)と答えた人が多かった。

性別でみると、「誰にも相談していない(したいと思わない)」(男性:40.7%、女性:30.7%)で男性が女性より10ポイント高くなっている。

年代別でみると、20代~40代では「母親(あなたの親)」(20代:18.4%、30代:16.8%、40代:14.9%、全体:9.6%)、50代・60代では「子ども」(50代:23.2%、60代:23.3%、全体:17.9%)が全体に比べ5ポイント以上高い結果となり、年代による違いがみられた。

調査概要
調査エリア: 全国
調査対象者: 20歳~69歳 男女
回収サンプルサイズ: 1,000サンプルサイズ
調査期間: 2024年1月19日(金)~1月21日(日)
調査実施機関: 楽天インサイト株式会社
※本記事では小数点第2位以下を四捨五入しているため、合計値は必ずしも100%とならない場合がある。

関連情報
https://insight.rakuten.co.jp/report/20240304/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。