小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

国際ロマンス詐欺は被害金の回収は困難?弁護士広告にも注意が必要な理由

2024.03.17

海外在住者を装って近づき、恋愛感情などにつけ込んで金銭をだまし取る「国際ロマンス詐欺」の被害事例が報告されています。

さらに、回収困難な被害金を回収できると謳って、高額の着手金を支払わせる弁護士も出現しているようなので、十分ご注意ください。

本記事では、国際ロマンス詐欺の概要や注意点などをまとめました。

1. 国際ロマンス詐欺とは

「国際ロマンス詐欺」とは、SNSを通じて海外在住の外国人・高ステータス者・セレブリティなどを装って近づき、恋愛感情などにつけ込んで金銭をだまし取る詐欺の手口です。

いわゆる「結婚詐欺」などが古くから横行していますが、国際ロマンス詐欺はその国際版に当たります。

国際ロマンス詐欺の手口は多様ですが、一例として以下のようなものがあります。

・「荷物の輸送費を支払ってほしい」と言って金銭を振り込ませる
・「二人の将来を見据えて投資をしよう」と言って暗号資産の取引所などに入金させる
・「ビジネスを始めたいのでお金が欲しい」と言って事業用資金を入金させる
など

2. 国際ロマンス詐欺の被害金回収は困難

国際ロマンス詐欺の被害金は、回収が非常に難しいことで知られています。犯人の素性が明らかでないケースが大半で、犯人の口座までたどり着けることは少ないからです。

また、仮に犯人の口座を突き止めて差し押さえたとしても、すでに被害金は出金されているケースがほとんどです。

他のパターンの詐欺事案以上に、国際ロマンス詐欺については、そもそも被害に遭わないことが最も重要といえます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。