小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ダイソーで買えるPD対応60wケーブルの性能を検証!充電速度がイマイチだったのはどれ?【100均】

2024.03.19

日本では、パソコンと周辺機器の接続やスマホの充電に使うUSBケーブルは、Type-Cの端子がほぼ主流となった。USB規格の普及では一歩先行くEUでは、本年度末頃にモバイル機器の充電ポートはすべてUSB Type-CかつPD仕様に準拠することになるという。その流れからすると、日本でもPDが当たり前になる日が、近いうちにやってくるはずである。

PDとはPower Deliveryの略で、USB Type-Cの給電規格のこと。これまでの充電力だと10Wに満たなかったのに対し、PDでは最大240Wと大電力を供給できるのが特徴。そのメリットは端的に言えば、スマホやノートパソコンに高速充電ができることだ。

それは、ワット数が高いほどより高速となり、240Wクラスになれば大きな電力を要するゲーミングPCも充電できるが、対応する製品はまだ少ない。普及度や価格の兼ね合いで、現在主流となっているのは100W以下のレベルだが、スマホを素早く充電するぶんには、それで十分。

そして実は、100円ショップのダイソーにも、(さすがに100円台ではないが)PD対応の商品が登場し始めている。今回は、これらを紹介しよう。

看板に偽りなしの充電速度を実現した「PD対応超速充電 タイプCケーブル60W(1m)」330円

最大60W(20V/3A)で通信速度最大480Mbpsという、USB 2.0のクラスでは標準的な性能のケーブル。ケーブル長は、たいがいの環境では困らない1m。これが330円で買えるのだから驚き。

購入する前に確認すべきは、スマホがPD対応であるかという点。スペック表を見て対応していなければ、買い損となってしまう。もう1点は、電気を供給してくれる機器もPD対応かどうか。

そうしたパソコンやモバイルバッテリーがない場合、家庭用コンセントに差すPD対応のACアダプタを別途買い求める手がある。それもダイソーで販売されており(下写真)、最大出力は20Wで価格は770円となっている。

ACアダプタやケーブルを買う決め手はやはり、どれだけ充電が早くなるかだろう。そこで、PDではないACアダプタ(最大出力1A)とPDではないUSBケーブルで充電した場合と、今回紹介したPD対応のものとで充電した場合の比較をしてみた。具体的には、電池残量が半分くらいのスマホを20分充電して、どれほど充電できたかを確認するやり方をとった。

まず、PDではない製品で充電したところ、20分後に電池残量は10ポイント増加(42%→52%)した。次にPDの製品で充電したところ、20分後に電池残量は20ポイント増加した。つまり、非PDの2倍の充電量となった。この充電量は、より高性能なACアダプタとの組み合わせでもっと早くなるだろう。

次に、著名ブランド「Anker」のケーブルとの比較をしてみた。製品は、「Anker 310 高耐久ナイロン USB-C & USB-C ケーブル」(最大60W、実勢価格800円)で、同じスマホ、同じACアダプタで充電20分後の電池残量を確認してみる。

充電量は14ポイントの増加であった。330円のダイソーのケーブルに負けたのは、かなり意外だ。Ankerの公式サイトを見ても明確な情報はなかったが、ACアダプタの低性能が足を引っ張ったのだろうか?

■商品詳細

商品名:PD対応超速充電 タイプCケーブル60W(1m)
価格:330円
原産国:中国
材質:ABS樹脂
商品サイズ:ケーブル長約1m
種類:-
商品ページ:https://jp.daisonet.com/products/4562380815903

■商品詳細

商品名:急速充電ACアダプタ
価格:770円
原産国:中国 
材質:ポリカーボネート
商品サイズ:高さ4.66cm ×幅2.83cm ×奥行4.54cm
種類:-
商品ページ:https://jp.daisonet.com/products/4550480137919

看板に偽りあり(?)の低い充電力の「充電・通信用ケーブル PD対応 最大60W」

ダイソーにはもう1つ、PD対応のケーブルがある。先に紹介した商品と比べると、最大60Wでケーブル長約1mである点は同じ。包装には、「過熱防止機能搭載」「強靭タイプ」と大きく書かれている。過熱防止機能とは、接続部が異常加熱した際に自動で充電を停止する機能を言う。

また、強靭タイプとは、ケーブルが折り曲げや抜き差しに強く、断線しにくい構造となっていることを指す。これは、大きな差別化ポイントだろう。それでいて、価格は220円と、110円安い。

では肝心の充電速度はどうか? 先ほどと同じやり方で計測してみたところ、充電20分後の電池残量は10ポイントしか増加しない。これでは非PDのケーブルとアダプタと同じだ。念のため、さらに3回この実験をやってみたが、やはり10ポイントの増加にとどまった。

これはちょっと謎だが、たまたま不良品にあたったのか、アダプタとの相性の問題か、もともとこの程度の性能しかないものなのか……。ひとつだけ言えるのは、充電速度のアップを求めるなら、110円高くても最初に紹介したケーブルのほうが確実だということだ。

■商品詳細

商品名:充電・通信用ケーブル PD対応 最大60W
価格:220円
原産国:中国
材質:不明
商品サイズ:ケーブル長1m
種類:-
商品ページ:-

撮影・文/鈴木拓也

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。